惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★タイ★OLD Pimai GH★
DSC_0118_0001.pngDSC_0118_0003.png

宿泊日:2011/01/18
ホテル名:OLD Pimai GH
所在地:タイ:ピマーイ遺跡公園付近

お値段:170B
食事 なし
門限 不明
設備 共同冷蔵庫、ホットシャワー、トイレ

泊まった部屋:FANシングル・・・のはずなんだけどなぁ

点数 ★・・・1 ☆・・・0.5
現地度   :★★★★
お値打ち度 :★★☆
のんびり度 :★★★★★

<レビュー>
結構昔からやっているGHの模様。
民家改造のゲストハウスで二階が個室になっている
恐らく全てFANルームだと思うけどこの造りでエアコンあっても
電気代掛かるだけだと思う。
隙間空きまくり熱帯の国じゃないと成立しないぜこの造り。
タイの民家建築に日本人視点の精度を求めると全て欠陥住宅になります。
ここは大らかに行きましょう。
まぁ埃等はこの状態なら気にするな。
机の上に積もってないなら毎日掃除位はしているさ。
コラートのあのホテルに比べればかなり清潔です。
ベットに前泊者の脛毛は残ってないし。
まぁ民宿なんでそこは慣れればOKです。
蚊取り線香と虫除けで大体問題ないことが多い。


ピマーイ遺跡公園も一日かけてみる規模じゃないので
この街自体日帰りでOKかもと思えなくも無い。
そう考えると宿泊自体の優先度下がるが
民家なので庭先とかで夕方になると涼みながらビール飲んだり
ゆったり出来るのでのんびり派にはいいかも。
ただ、170Bはちょっとなぁ・・・
部屋の広さ的にはそうだろうが150Bでいいんじゃね?

オーナー夫婦は親切でしたよ。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/81-f746a00b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。