惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■1/18■日記■ピマーイ遺跡公園
散々な昨日は置いといて今日はピマーイへ。
遺跡としては小さいけどアンコールワットの試作として作られたと言う
遺跡公園がある街へと移動。

今回はソンテウに地図見せてソコに行くかと聞いて乗り合いバスで移動。
最初に聞いたおっさん、確かに行くと行ったけど逆方向へ走り出す。

ちょっとまてーい!。


降りて聞くとニュアンス的に回って最後に行くっぽい。

・・・ソコで10B払って降りる。
流石にソコまで時間無駄にする気は無い。

歩いて国道沿いのターミナル方向へ走る車線側でバス職員的な
格好した人達(みんな蛍光カラーのベストを身に付けてる)
に「ボー・コー・トー」(現地語でバスターミナル)と指を二本だして言うと頷いて
向かうソンテウを教えてくれる。
10分掛からずにターミナルに到着。
ピマーイ行きの2等エアコンバス36Bで一時間。
今度の車掌は歳若いにーちゃんで遺跡公園付近で教えてと
メモを見せてお願いしておく。
DSC_0118_0004.png
一時間なんでそれほど疲れずにピマーイ到着。
めっさのどかですこの街

ここで気付く。
昨日とルート逆だったらよかったんじゃね?
一時間で公園付近に着くならそれで日帰りにして
今日スリンに向かって移動でスリン宿泊で遺跡めぐりの方が・・・。

おお、今更移動してから気付くこの事実!。
俺って頭イイー!
昨日思いつけば・・・。

もうラオスルートで決めちゃったから変更してもなぁ・・。
修正できるけどねぇ。
取り合えずそのまま公園付近のGH(ゲストハウス)へ向かう

荷物を宿に置いてピマーイ遺跡公園に向かう。
入場料100B、タイの貨幣価値に慣れると高いと一瞬思うが
350円なんでそんなに高いわけではない。
DSC_0118_0005.png
入ればこんな芝生を植えた公園になってます
DSC_0118_0007.png
で、奥に進むと・・・。
アンコールワットの試作と言われている仏塔中心に左右に塔があり。
回廊なども復元されて見学できる。
DSC_0118_0011.png
仏塔の中には仏様が鎮座してます
1~2時間もあれば全部見て回れる規模で
ホント、昨日と逆にしてたらよかったかもと思った。

そんな規模なんで見終わると夕方。

街の入り口に門の遺跡があるのでソレも見に行く
DSC_0118_0041.png
「勝利の門」と言われてる門でもう柱しか残っていない。
その遺跡からピマーイ遺跡公園を振り返ると
直線で寺院が門の中から見える造り。
この門から丸々遺跡部分が残っていたらすごかったろうなぁ

遺跡見物も終わったのでビールを買って宿で一服。
宿で貰った地図や観光案内を見ると
この地方のパッタイ(タイビーフン焼きそば)が一味違うらしい
庭でビール飲みながら夕涼み。
DSC_0118_0039.png
足元に飼い猫か野良かしらんがニャンコが来る。
挙げれる物は何も無いので愛想だけ振りまいて貰う。

蚊取り線香を足元に焚いてビールとピスタチオでのんびり。
途中、宿のオーナーと簡単な英語で雑談。
ピマーイはのんびりしてて良いとか
バンコクは騒々しくて嫌だとか
田舎のおっさんらしい発言をボソリボソリと言う
味のある初老のタイ人でした。
いつの間にか椅子で寝こけて奥さんに
起こされているのも微笑ましい。

時間も更けて腹の減ったので食事に出かける。
タイではどの街でもナイトバザールは行われるのか
DSC_0118_0043.png
ピマーイでも開かれている模様。
規模の差異はあれどどの街でも行われている様です。
屋台もあれど夜市の方はテイクアウト専門の屋台が
多い模様夜市の入口付近から通りに掛けて
テーブルが出ている屋台があるのでソッチに行って
炒め物の屋台でパッタイ発見!。
身振り手振りでおばちゃんに注文。
2011-01-18 20-55-01-148
ピマーイ風パッタイとはどんなもんザンショ?と食べてみる。
・・・うん、味付けがしっかりしてる。
チョイ甘・・・でも他は変わりねーなぁ。w
確かに味がしっかりしている分うまいと思うけど
それほど騒ぐほど違うわけではないよーな・・・。

俺、騙されてる?なにかに??

うん、オイシカッタデスヨ。
2011-01-18 20-34-10-372
それより市場のサトウキビ絞りジュースのほうがウマーでした。

夜の静けさが街の音として染み付いている地方都市。
ちょっと夜市を離れると溜池とかあってそちらは
DSC_0118_0044.png
夜の闇がしんしんと降りていて良い感じです。
こういった都市でゆっくり滞在も悪くない気がするなぁ。

虫の声が響く宿で今日はそのまま落ちました。
明日はまた移動です。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/79-3ca26cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。