惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★タイ★Sansabai House
DSC_san_0002.png

宿泊日:2011/01/16-01/18 二泊
ホテル名:Sansabai House
所在地:タイ コラート
http://korat.isaan.com/en/hotels/budget-less-500-baht/san-sabai-house.html

お値段:380B/270B
食事 なし
門限 なし
設備 冷蔵庫、AC or FAN、WiFi(無料)

泊まった部屋:FANシングル:270B ACダブル:380B

点数 ★・・・1 ☆・・・0.5
快適度   :★★★★
お値打ち度 :★★★★
シングルとダブルのベットの
見分けが付かない度 :★★★★★★★★

<レビュー>
入り口がガラス張りでレセプションが外から見える造りで見た目でも
清潔感があるホテルで実際の部屋も清潔で快適。
高原地域なので乾季ならFANどころか寒いぐらいなので
逆にエアコンが日によっては必要かもしれません。
食事は付きませんが目の前にセブンイレブンと屋台が周囲にあるので
問題はなし。
セキュリティ的にはドアに南京錠をつけれる金具が付いている部屋もあり
心配な方は安心でしょう。
ただシングルとダブルのベットの差が私には判りませんでした。w
バスターミナルから近く移動などの距離も少なくてコラートでコストパフォーマンスが
一番いい所では?と思ってみたり。
他の中級ホテルは500B位の相場でした。

難点を挙げるとしたらシングルFANの部屋は最上階(5,6階)なので
重い荷物や疲れている時はきついかも知れません。
洗濯物をベランダに干す時に物干しまで付いています。

コラートに泊まる時は利用したいプチホテルです。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/72-5ed5c6f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。