惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《屋台飯》プロンポン駅付近。
今回は先のアソーク駅から徒歩圏内エリアなので
プロンポンエリアの説明から屋台飯の楽しみ的な事を。
アソーク・プロンポンMAP

>※ちょっと個人の意見で散漫な文章ですがご容赦を。

ま、ぶっちゃけアソーク、プロンポンに限らず屋台料理って
どこのエリアも同じような物なんですよ。w

屋台って出来るもの限られるから被ってる料理多いんですよ。
単一の料理で商売する方法になるから作りやすい物
ポピュラーな物になっていくから
大体何処も同じ物を売っているデスヨ。

主に良く見るのが
・麺類(センミー:ビーフン、バーミー:小麦粉)
・鶏飯(カオマンガイとかご飯物系)
・串焼(焼き鳥、ソーセージ、焼きバナナ)
・おかず屋(パッタイ、炒め/おかずとご飯と一緒に)
・カットフルーツ(コレは立地上、娘さんメインの商売なので一番多い)
・虫(バッタ、ゴッキー、芋虫など)
・甘味屋台(ケーキとか焼き菓子など)

大まかにコレぐらいですかね。
prop_05.png

台車の下にプロパンガス入れてコンロで調理する屋台
炭火を入れた鉄皿を置いて調理する屋台

その周りの歩道に椅子テーブルを置いて空の下
車が行きかう中で食べる。
正直衛生的では無いですけどね、排気ガスもすごいし。

なぜ屋台で食べるのか?って思う人も居るかと思います。
衛生的か?と聞かれればNOと即答します。
街中の道端ですから排気ガスまみれて飯食うなんて
正直アフォかと思います。
DSC_0114_0004.png
見えにくいですがカットフルーツのメロン。

なんでそれでも食うのかというと・・・。
現地の人の食べている物現地の空気が味わえる。
その都市の空気が一番出るのが屋台や定食屋だと思うのですよ。
折角訪れたのだからその国、街の食べてる物を食べてみたい。
当然安いというのも大きな理由です。
それに何故かホテルとかのタイ料理より美味しい事が多い。
当然、その逆もありますが・・・。
(ハズレを引く時も屋台の楽しみなんで)
prop_02.png

今回は出会いませんでしたが昔バイタク(バイクタクシー)の
待合所のチマキ売りのチマキを買って食べた事がありまして
一個5Bだったかな?そのチマキは塩味豚肉とココナッツミルクで
炊き上げたモチ米をバナナの葉で巻いて蒸した甘辛チマキで
塩味の豚肉とココナッツの甘い香りが妙にマッチして食欲をそそり
一日バイク乗って走り回ったり炎天下でも客待ちで道路脇にいる
消耗の激しい職種の人なら確かにコレは欲しい味だわ!。と
食べながら一人納得して食べてるだけ観光気分になる?
そんな楽しみ方も出来るから?かな?

もちろん最大の理由は美味しいのもありますが店(屋台)
によって味が違って自分のお気に入りを探すと言うのも
楽しみになります。
ま、そのお気に入りが次の日いったら味が違うなんてのザラですが。w
prop_01.png

同じ料理でも屋台によって付け合せが付いたり
テーブルの調味料の構成が変わっていたり。

屋台料理自体は確かに衛生的では無いですが
必要以上に不衛生ではありませんよ。

食器等は毎回洗ってますし洗う水も屋台が出る場所って
どこかから水道を引っ張って来て常にきれいな水で洗っています。
料理人の人も食べ物を扱うときはビニール手袋やビニール袋を
器用につかって食材に直に触れないようにする人も
最近多いです・・・4年前はそんなに見なかったケドネ・・・。

とまぁ屋台料理スキーな事はコレぐらいでプロンポンとアソークの
簡単な説明を。

アソークと言う駅はBTSというモノレールの駅と地下鉄の連絡駅がある
両方の公共交通の中心地でのターミナル部分を受け持っている場所です。

BTSは先の日記に出てる様に水上交通に連絡。
地下鉄は地上を走る鉄道駅に連絡。
実際、観光で動き回るには両方の駅がまとまって中心地にあるから
一番使い易いのでバンコクではこの付近を好んで取ります。

またアソークの一駅向こうはNANA(ナーナー)という
繁華街(主にエロ)の地域でナーナーからアソークに掛けては
バンコクの一大エロ地域になっています。
(男がこのエリアで消えたら100%問い詰めて良いと思います)

ナーナー駅からアソークに掛けては屋台で歩道が埋め尽くされて
食べ物だけでなくTシャツから土産物まで色々と露店がでてます
アソークまでそれは続きアソーク駅付近のソイ・カウボーイというGOGOBAR密集地帯
まで露店、屋台が続きますがプロンポン駅に掛けての通りはナーナーから
と比べると点在レベルです。
DSC_0112_0001.png
昼間のソイ・カウボーイ

そんな状況なののはこの辺りが日本人街として
独立編成されているからか解りませんが?
まぁ、屋台・露天は駅前から縮小していくのが普通で
プロンポン周辺が普通で隣が賑やか過ぎるだけですが。
prop_03.png

バンコクという東京に比類しうる大都会なのに中心では
排気ガスにまみれながら飯をがっつくという逞しい
エネルギッシュな空気がにじみ出てる気がして
屋台の飯を好んで食べてるのかもしれません
スクンビット通り(日本でいうなら銀座か?)沿いの屋台のテーブル。
prop_04.png

横は車がビュンビュン通ってますその横でラーメンを啜る。
なんともギャップがすごいです

これから地方都市を回りの屋台も楽しみです。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/57-c03357ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。