惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■2/13:海産を求めて・・・。
ラ・セレナで挫折した海産を求めて
今度は鉄板で「勝てる」ビーニャ・デル・マルへ!
しかもソコには日本人宿として有名な
「汐見荘」があるので海産尽くしは確定です。
Cil_0213_004.jpg
早朝5時のバスも苦になりません。
だから南米の夜明け前の無人の街を荷物持って歩く。

・・・。

つーか字面だけみたら結構無謀だよね
まぁ治安が良いチリの地方都市でないとヤリマセンガ。

まぁ町の空気自体は剣呑な感じがしなかったので
そのまま歩いてターミナルへ。
無事に着いて夜明け前のバスでビーニャ・デル・マルへ向かう。
Cil_0213_005.jpg
バス移動途中で今更な感じの麻薬犬検査が。
なんで国境じゃねーの?
Cil_0213_006.jpg
と思いながらバスはビーニャへ。

着いたはいいが汐見荘の行き方が解らん!
バスターミナルのINFOで教えてくれたが
どのNoのコレクティーボに乗ればいいのかまで聞いてネーし!
ワカンネーヨ!
Cil_0213_008.jpg
と、気合で途中まで行きましたが
途中の安宿街で値段聞いて帰ろうとすると
値段が落ちたのでとりあえず一泊はソコに。
Cil_0213_011.jpg
荷物を置いて汐見荘の場所を住所を手ががりに
捜し始めました。
Cil_0213_012.jpg
ええ、ホテルから歩いて30分ぐらい?
道がわかれば20分でイケルでしょうが・・・。

荷物持って行く気はないわぁ!


とりあえず状況を聞いて明日来ますと言う事で
引き上げました。
海産三昧は明日以降にお預けです。


FC2 Blog Ranking


テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/545-9b8cb6d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。