惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■12/18:ブラリ途中下車→死亡フラグ
本日は日曜日。
雨期は終わりの筈だが午後には雨が降る
ボゴタの気候も大体読めてきた。
観光は午前中に行けってことですねハイ。
Cop_1218_008.jpg
昼間は天気になるのでモンセラーテの丘へ行く
標高2500mのボゴタを一望できる丘。
つーことは更に上で標高は3160mになるそうです。

いやね、この標高で早歩きとか階段上ったら
息切れるぜ?さらに500m上乗せ?
なんか歩いても登れるらしいですが
そんな自殺行為しませんって!
しかも日曜日以外はオススメしないんだと。
(治安的な理由っぽい)
まぁ登るのはカンベンなっ!な感じですが
Cop_1218_009.jpg
下りなら歩いても良いかな?と思い
ロープウェイで上る。
日曜日だけ会って人が多いです
Cop_1218_011.jpg
結構並んでいるが20分位で乗れて5分位で
丘の上に到着。

・・・。
Cop_1218_016.jpg

2500で息切れ程度で大丈夫だと思ってた。
3000m越え舐めてた。
立ち止まって居るならいいけど
歩き出すとなんか頭に霞がかった様な
ぼーっとした感覚が付きまとう。
完全に体が走っちゃダメと指令をだす。
もうゆっくり歩くしか選択枝ない。
ここで「だるまさんが転んだ」やったら
おれ動かない自信あるぜ!

鬼に追っかけられて走ったら
死神が追っかけて
来そうな感じだけどな!


これヤバイ。

Cop_1218_015.jpg
上には赤十字もあるぜ~!
酸素吸入の準備もあるぜ~!
つーことは観光客以外もつらいって事か?
地元の人でも年配の人は結構お世話になってるぽい。
Cop_1218_012.jpg
ちょっと雲が出てきてイマイチ見通し悪いですが
雲近いわ。

まぁ上では教会と周りにお土産屋とか屋台が出てますが
その中でちょっと興味を引いたのがコレ
Cop_1218_018.jpg
多分豚モツを一度茹でて臭み抜きした物を
クミン、ターメリックで鉄板焼きでこんがり焼いたモツ焼き。
Cop_1218_025.jpg
下にアンデスポテトを引いて軽いお摘み的な料理の模様。
いや、この状況でビールなんか飲んだら速攻回るから
ノマネェけどな!
そういえばジャガイモが原産地のアンデスなんだから
アンデスポテトが出てくるよな・・・。
メキシコじゃジャガイモ美味しくないけど
原産地の原種系はやっぱり旨いです。
東京じゃ五反田の店で手に入るから食べた事あるけど
ソレと同じ味、冷凍でも大差ないのね、コレ
コロンビアではこの原種以外のジャガイモも使っているので
コレONLYって訳じゃないけどアンデスポテトは触感が
崩れるように柔らかいので熱々を頬張ると
口内大火傷の大惨事になるぐらいのホロホロの芋です。
ソレと臭みが全部抜けて表面がカリカリに焼けたモツ。
この標高じゃなければ焼酎寄こせと言いたい!

しかし酸素が薄いのは実感できるので
景観を楽しみつつ降りる準備。
・・・。
降りるルートが何処にあるのか解りません。
Cop_1218_033.jpg
はい、今度はケーブルカーで降りました。
さて今日は流石にそろそろ移動をしないと。

コロンビアにおいてはバス強盗とか剣呑な話もあり
ゲリラを装った強盗などゲリラなど物騒な話しか聞きません
コロンビアの情報を相談したH氏からは
「移動は絶対に飛行機!」と情報を頂いたのですが
次の目的地メデジンに住んでる方2名からはバスでも
問題ないという情報。
昨日の大使館情報の結果は「運」と言うステキ返答。

外務省の情報も見てボゴタ→メデジン間だけは
バスで問題なさそうだなぁ・・・。
まぁ他に鉄砲水で流されたりとか
不安要素はあるんですが
一番安全性が高い会社でこの区間だけは
バスで行って見る事に。
他のエリアは問題が高そうなので
飛行機を使う可能性大。
そんでもって余りにもしんどかったら
ボゴタに戻る時は飛行機使おう。

この日記書いてる時点で陸路での
国境越えは諦めて
コロンビアは飛行機での出入りになる感じ。
情報頂いたH氏に感謝しつつ現地での情報統合して
考えて動く方向で。

そうと決まればバスターミナルへ
だってチケットが街中売ってないんだもん。
路線バスで行こうかと思ったが
全然見つからない。
仕方なしとタクシーで。
タクシーでも1000円行かないんですけどね。
まぁコロンビアの人の生活を見てみたいってのが
合ったのですがまぁ仕方なし。
Cop_1218_039.jpg
ターミナルは結構大きく午後4時でも結構人がバスに乗って
移動しています。
と言ってもコロンビアではバス強盗は日常に近いらしいので
ゲリラも考慮して週末の移動は避けて月曜日の夜行購入。

正直大丈夫なのか?と想いつつも現地在住の方の声を
取りました。コレが後悔にならん事を願う!

で、帰りに路線バスで帰るのを挑戦したのですが・・・。
これがまぁ凄い予想ハズレで!
全然違う方向に連れていかれてるよ!
CENTROって書いてたジャン!
なんで山の方なんだよ!
明らかにホテルのエリアと高度が違うよ!
今日は高いトコいったからもういいよ!
Cop_1218_041.jpg
このまま終点まで行って折り返すか?
いや、これが隣の都市まで行ったらどうする?
対向車線のバスにはCENTROと書かれたバスが何台か。
「うん、大通りで降りて乗り換えよう。」
「バス無かったらタクシーで帰ろう!」
と思いながら最悪の状況に備えて所持金の中で
一番高額紙幣を手探りでポケットから靴下の中へ。
外を見てると大きな建物があり向かいも人が居る
バス乗り場の様な感じ場所が見えて何人か降りる感じ
乗換えか路線の集まる所か?
と判断してなにか学校かターミナルのような場所で降りる。
反対側の車線で待っていると5分もしないうちに
CENTRO表示のバスが!
止めて乗り込んで街中の街路表示を見て
地図と照らし合わせて現在地を確認。
ホテル横の大通りの北上だと知る
方向も通りも問題ない
20分程でホテル横に到着。

いや危うく死亡フラグ立ちそうでした。
陽が高ければまだしもコロンビアでコレはかなり
やっちゃいけない事になりそうでした。
今後はタクシー愛好家になります。

宿でドイツ人に
「英語もスペイン語も少ししか話せない」と言って
世界一周していると言うと
真顔で「クレイジーガイ」と言われた。
褒めてるのかマジで言ってるのか解らなかったので
悩んでからサンキューと返しておいた

無謀な行動は慎もうと思う一日だった。

FC2 Blog Ranking


テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/486-6e60e594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。