惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■10/16:両極端。
さて困った。
もうねスペインで一番困る事。
まぁコレはヨーロッパ全体でも言える事ですが

日曜日は本当に
全部休んでやがる!


まぁキリスト教圏の国は仕方ないのですが
スペインは特に困る!
飲食はまだ開いてる所が有るので
それほど困らないのデスヨ
スーパー、商店が閉まっているのは前日に
買い込んで置けば問題ないのでコレもOK。

Esp_1016_006.jpg
一番困るのは交通機関まで影響する事!
電車は大きく影響ないのですが
バスの本数の減り方がハンパネェ!
朝一で出たあと夕方17時、夜21時で終了って・・・。
日中動けないジャン!
まぁ移動日をずらせば良いのですが・・・。
なかなか日曜日を滞在に当てるのが難しくて。

最初の目的地に行く予定だったAvilaは先の本数。
飛ばして近隣の交通要所都市Burugosに行くにしても
直接はなくValladlidに行って乗り換えろ・・・と。

むー、それ以外だとマドリッドに戻って乗り換えた方が
便数も多いのでソッチになると。
今までの例に漏れず首都から放射状のようです。

しかし、地方つなぐバスまでそれとは・・・。
日曜日の本数減少と併せてダブルで痛いです。

まぁこの午前中のバスターミナルを見れば
Esp_1016_002.jpg
ここ本当にスペイン有数の観光都市なのかしらと?
思う閑古鳥っプリ。
マドリード行きは30分毎に出てるらしいデスケドネ。

まぁお昼の13時にValladrid行きがあるので
それに乗ってValladridに行く事にしました。

となれば後数時間なので
セゴビア名物の「仔豚の丸焼き」を食べに。


この街の至る所で看板に書かれているメニュー
一体この街で毎日、
どれだけの仔豚が焼かれているのやら
レストランの数考えれば結構な頭数だと思います。w

昨日のレストランでちょっとお値段張りますが(18€)
店の親父は流石に客商売。

昨日の注文覚えているのか
「セルベッサ(ビール)?」と聞いて来る。
当然の事ながらSi!(Yes!)と返して
Esp_1016_007.jpg
前菜は生ハムメロン。
こちらのメロンは水分が多くて
塩が強い生ハムを合います。
ビールは丸焼きに残しておいて
メロンの水気でパンを頬張る。

やべぇコレだけで腹一杯になるかも?

と心配しながら平らげて次の皿で来ました
メインディッシュが!
Esp_1016_008.jpg
教最初の客だからかお尻辺りのボリューミィな所が!
熱々に熱した皿に爆ぜる油の音が食欲をそそります!
パリッパリの皮が超ウマそうですわ!
いやーコレ日本で食ったら単品で20€超えるぜ?
前菜とデザートと飲み物付いて18€は安いわ。

しっかし油が重い!
こっちの基準で油っぽい=美味しい。
の概念があるらしいのでこれは超ウマメニューなんでしょうが
皿に貯まるラードはちょっとしんどいです。
まぁソレをパンにつけて喰ってれば当たり前デスガ。W
Esp_1016_009.jpg
デザートはかぼちゃのスポンジケーキにゼラチン質の
餅のような触感の生地に包まれたムースケーキ。
そんなに甘くないので
甘いもの苦手な私も全部喰えました。

食後のエスプレッソで油を落として丁度時間に

バスで2時間程の距離ですが
乗って数分で胃に血液持っていかれて意識落ちました。

で、起きて身の回りの物大丈夫か!
と思ってみたら乗客、俺以外一人・・・。

えー!!

こんな状況で大丈夫なのこの路線!
と身の回りの所持品より先にソッチを心配してしまう。

で、Valladridに着きましたが・・・。
見事な地方都市です。
いやどうしようかと。

で、

今回盛大に道を間違えまして。
まぁ間違いを正す為に最初の町の人に聞く。

最初は老人男性に聞くと
スペイン語で話しても判らない。
デジカメの地図(アルファベット表記あり)を見せても
見えないよ見たいな事を言って立ち去りやがる。

仕方ないので進んで行くと段々人が居ないぜ!
流石!地方都市の日曜午後だ!

しばらくすると
又、老人が今度は女性。
話しかけて聞くとどうやら反対方向だったらしく。
一緒に行ってあげるわと連れて行ってくれる。

Esp_1016_011.jpg
さっきの爺と正反対の対応。
結構距離があって大変だと思うが
親切に教えてくれた。
相手も急いでいるのか急ぎ足で去っていく。

同じスペイン人でも偉い違いだ!
「目が見えない」とか抜かして観光客を
むげに扱う人はココで2人目。

スペインには目が見えないとかいうジョークが
何か有るんですかね?
正直、むかつくだけで笑えないのですが。
ジョークでなければそういった対応する奴は
フランコ崇拝のレイシストに違いないと俺判断で認定。

Esp_1016_010.jpg
温度差が両極端なスペイン人対応に出会った日デシタ。
はにかみながらも写真を撮らせてくれたおばぁちゃん。
ありがとうございました。
Esp_1016_016.jpg

で、
Esp_1016_018.jpg

BARはそろそろピンチョス(おつまみ)形式の
Esp_1016_025.jpg
オーダーの店になってきたのでTAPASが日常的なのは
Esp_1016_026.jpg
中部~南部に掛けてなのかなぁ。
Esp_1016_024.jpg
なんかイマイチ、ピンとこないBARだなぁ

FC2 Blog Ranking


テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/427-aa4ac4b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。