惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■BAR■トレド■ラマンチャ■
スペイン:トレドのBAR
《予算》
セルベッサ1~2ユーロ
TAPASは付いている所が多い。
アンダルシアに比べると出てくる確率6割位。
単品は5~8ユーロ程。

トレドの街自体広い場所ではない。
特に世界遺産になっている丘の上の旧市街は
時間を掛けてみても徒歩で2日あれば十分周れます
その中に観光客向けから地元向けのBARもひしめき合っているので
店構えで判断して入ると以外に地元向けだったりとかで
安いので安心して入れます

まぁスペインではイタリアみたいにレストランで「9万近い請求が来た」とか
利いた事がないのでよっぽどの所に入らない限り大丈夫だと思います。

Esp_1012_108.jpg
スペインのBARではTVもスペインっぽく闘牛の中継をしてたり。
今回シーズン末の時期に渡ったので都市によって
終わっていたりマチマチで見る機会を逸してしまったのは
残念です。

TAPASもアンダルシアに比べて軽いものが多くなった気が
Esp_1012_106.jpg
生ハムだったり
Esp_1012_107.jpg
ポテチとサラミとか
Esp_1012_105.jpg
オリーブとか
Esp_1011_055.jpg
メニューにもボカティージョ(サンドイッチ)が頻繁に見るようになって
軽食は別に頼む様になっているのがラ・マンチャ風ノヨウデス

まぁ観光地としてもスペイン屈指の有名処なんで
パエリア(バレンシア地方の郷土料理)とかも当然あります
Esp_1011_052.jpg
内陸都市でイカ墨パエリアと言う微妙な物も食べれます
Esp_1011_051.jpg
旧市街の街角に天幕はってそこらにこんな感じのオープンカフェが
林立しているのでBAR以外でも困る事はないっぽいです

Esp_1012_109.jpg
この地方は煮込みと羊の乳のチーズが有名だそうです。
Esp_1012_013.jpg
煮込みは油が強くて好みが分かれますが
チーズはパルメザンの様にハードチーズで旨かったです

他にもそろそろピンチョス文化の方が来ているのか
Esp_1013_021.jpg
おつまみっぽい様相の物も。

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/422-5ffd0757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。