惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■9/16:ロンギヌスの槍
Cuz_0916_003.jpg
街並みが美しいと聞いていたので
Cuz_0916_083.jpg
昼間の明るい時間は町を散策です。

Cuz_0916_008.jpg
城が博物館となっており
中の展示物解説に日本語があったりして
どれだけ日本人きてるんだ?
と同時に結構メジャーな場所なの?ココ。

Cuz_0916_015.jpg
博物館の説明とか読んでいく内に
この土地が結構価値のある領地のようで
Cuz_0916_043.jpg
ビールの醸造権など付随する特権など見てると
かなり豊かな土地だった様です。

博物館の収蔵品も中国からの人形とか
Cuz_0916_036.jpg
見覚えのある・・・あの武将じゃね?
みたいな物までバラエティに飛んでます。

その筋の方には琴線に触れる
キリストを貫いた槍のレプリカ。
名前だけ聞くとアニオタも振り返る
Cuz_0916_050.jpg
「ロンギヌスの槍」ですね。

本物はウィーンにあるらしいですが
まぁ・・・・あ、っそうで終わる代物。
螺旋に絡まっていませんので
期待した人残念。

よく考えればハプスブルグ家の中心地、ウィーンに
近い戦略拠点だから豊かなのは当たり前か。w

Cuz_0916_096.jpg
庭園も綺麗に整備されて気持ちいい場所です
のんびりするにはいいわ。

おまけ。
Cuz_0916_001.jpg
現地で買ったソーセージ。
Cuz_0916_002.jpg
「私を脱がして!」あたり書いてるんでしょうね
こういうクダラナイジョーク大好き!


FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/381-1f4b870e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。