惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■1/8■日記■安宿エリアへ
今日は安宿エリアでもカオサンに近い国立図書館付近の
安宿に行って見る。
バンコク名物の渋滞より迂回ルートの方が効率的に動ける上に
安いのでこちらを選択。

ルンピニーから地下鉄に乗ってチャオプラヤー川へ向かう。
・・・3年前の記憶じゃ終点駅だと記憶していたのよ。
地下鉄の終点駅ファランポーン駅に着くと船着場に連結・・・。

何か表記が違う・・・。


Rail・・・って・・・。

鉄道の方の駅に着いちゃった。w

BTSの方だったか!船着場は!
やっべー曖昧な記憶と思い込みって怖いよね!
つー事は何個駅戻ればいいんだ?
BTSならルンピニーの次で乗り換えじゃん!
次の駅?何してんだ?俺。w

ガイドブック広げて駅の数数えていると
近寄ってくる人影が・・・・

「ワタシニホン人トモダチイルヨー」

日本語おばちゃん。
初めて出会った・・・。

もう今時報告やTips貯まり切っている案件に
今頃出会うなんて・・・。
なんかちょっとホロリと来てしまいました。

相手しないけどね。


勝手に話し続けるおばちゃん。
カラ返事して駅の数確認してると

最後に「アナタホテルキマッテルー?」

「はいはい、間違えたから帰るバイバイ」

さて今時天然記念物級のキャッチに出会えて感動です。
間違った地下鉄代はコレで出たな。w

※ ちなみに高確率でトラブルに巻き込まれるので
  この手には係らない様にしましょう。

シーロムまで戻ってBTSに乗り換えて終点へ。
終点だからぼーっと窓の外を見ていると
あれ?途中駅なのにボートのマークのINFO出てましてよ?

ん?駅の名前も聞き覚えあるぞ?
(0.5秒思考)
間違ってもイイ!後のに乗ればイイ!!
と判断し、降りる。
BTSは扉が閉まって更なる先に・・・。
駅名確認・・・正解。
4年前は終点だった駅でした。

・・・延長路線が出来ていたのね・・・。
いやーヤバカッタ。
バムルンラード病院(日記1/7の病院)でも体験したが
結構変わってるなぁ。
記憶とガイドブックが4年前で止まっているので
気をつけないとやばいなぁ。
タイだけでも最新版持ってくれば良かった。

チャオプラヤーエクスプラス
サートーン駅
DSC_0013.png

いわゆる水上バスとして残っている唯一の水上交通路で
BTS同様渋滞知らずで川沿いの場所に行くには重宝する足です。

安宿街は川沿いの一角なので船で川を遡って。
目的の国立図書館エリアへ
DSC_0005.png

1日フリーなら100Bですが片道とか一回なら14B。
BTSと合わせても60Bでお釣り来ます。
以前、タクシー使った時は渋滞で時間かかるわ
回り道行ってボラれるわで。
市内走るより迂回して行った方が個人的に確実だと確信してます。
船に乗り込み川風を受けながら川上へ。
DSC_0004.png

陸のバスもそうですがタイでは人の手で料金を集めています。
一律料金なんで行き先言わなくても良いんですが
集金の姉ちゃんに行き先「Thewet」を言うと
「コレ止まらないわよ!」
「え?」
どうも目標駅は各駅しか止まらないトコで
乗ったのは急行扱いのボート。

やっちまったよ俺。

船尾の旗の色確認せずに乗っちゃった。w
(船尾の旗の色で運行種類が分かれています)

しかしここは大らかなタイ。
「次で降りて後から来るのに乗りなさい。」
とおねーちゃん料金とらずに教えてくれました。
タイではコレは一般的な様で大らかな対応に感謝して
停船した所で降りて20分ほどタバコ吹かして
待っていると・・・今度は各駅の旗翻している船が到着
乗って見ていると・・・

コレも各駅じゃねぇ!←あほ

どうも各駅はこのあとの様で・・・。
料金集めのおばちゃんに聞くと目的地には停船する模様。

しかし駅すっ飛ばしているから看板見落としたら
終了のお知らせ。

目の前の駅の看板、柱で隠れてみえねーし!
もういいよ!間違っていてもかなり近くなんだから
タクシーで行くよ!

飛び降りてドキドキしながら駅の看板見ると
Thewet(テウェート)

目的地でした。

結果オーライ
でかした俺。

観光の中心からちょっと外れているので
比較的静かなエリア。
バックパッカーの聖地「カオサン」に行く前に
ゆっくりしてから行こうかとコッチを選択。

船着場でトラブルがあったバックパックを背負いなおして
ずっしりと重みを感じながら目的のHI Bangkok YHへ。
DSC_0016.jpg

バンコクの中心地と違って格差のある通りを眺めながら
のんびりとホテルへと向かって今日は終わりそうです。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/38-709017ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。