惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■9/15:結構田舎だわ。
Cuz_0915_002.jpg
鉄道での移動。
大分慣れましたが今回は結構ローカル。
Cuz_0915_003.jpg
今回のヨーロッパ旅の中で一番のローカル線かも。
キャビンでなく開放型の対面座席。
Cuz_0915_005.jpg
日本でも昔よくあったタイプ。
しかも当然ディーゼルですよ!

形も大分古いかと。
Cuz_0915_009.jpg
そのせいか停車駅では鉄っちゃんが写真取り捲り。
構内には風景でなく車両の絵葉書まで売ってる始末。

鉄っちゃんには国境がないんだなぁ。
同行者のI氏もびっくりしてた。

一応駅のINFOでホテルを確認するが
安宿のオススメは私が調べていた所、ガイドブックにも載ってる
ホステル・メルリンがオススメで空いてるらしい

Cuz_0915_011.jpg
取り敢えず宿確保して町を回る。
小さい町なので半日で回れる。
Cuz_0915_017.jpg
古い町並みのままなので静かでいいです。
Cuz_0915_020.jpg
やっぱり都会より地方都市の方がイイナァ。

食事にレストランに入る。
チェコでは首都でもそうでしたが食事できる時間が
結構早く終わる。
プラハでも9時過ぎたら厨房終わってるとか
言われるレストランが殆どだったので
地方のコッチならなおさらだろうと考え
I氏と入るが川魚料理。

・・・やな予感。

日本でも川魚料理って良いの当るの難しいのに
ヨーロッパってどうよ?
たしかこの辺は名物料理になってるのかもしれんが?

メニュー確認。
Cuz_0915_031.jpg
私鯉のムニエル
Cuz_0915_032.jpg
I氏鰻のフリッター。

ビールはこの街でも作っているビールで黒を!
黒が旨い所はいいよね!
さて料理ですが・・・。

一口、口に入れる。

・・・。
予想通り、泥臭い。
しかも川沿いのテラスに座ったから
急速に冷える料理。
Cuz_0915_029.jpg
I氏の鰻の方が揚物であるだけまだ温度も臭みも
許容レベル!
しかもI氏は泥臭さは気にならないそうな。

・・・半分をトレード提案。
I氏に半分手伝ってもらう形に。
うん、もう川魚たのまねぇ!

Cuz_0915_039.jpg
ちょっと閉口する晩餐を終えて夜景を取りに
Cuz_0915_041.jpg
村をちょろちょろ。

Cuz_0915_043.jpg
明日は城みてなんか一日で終わりそうな勢い。


FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/379-e7eee83c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。