惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■8/18:ルーマニアへ
モルドバからルーマニアへ
旅を再開ですわ、ええ。
IMGP4240.jpg
お世話になった方へのお礼を置いてバスターミナルへ

向かうのはヤシというルーマニア側の国境の町へ
バスで移動、まぁのんびりとしたお国なので
大掛かりなバスでなくミニバスでの移動になります
現地のお値段で120Rei(840円)位
そんなに時間カカラネーだろうと踏んでいたら
結構な時間が掛かりやがる。
Rom_0818_008.jpg
5時間も掛かるとは・・・まぁ国境のパスポートチェックが
会ったので実質3時間位だと思いますけどね。

国境ではモルドバ人は何かタバコを持って
皆で分けて持ち込んでいましたが
酒とタバコは結構厳しいみたいです。

のんびりとしたモルドバからヤシに入ると
イキナリせせこましい感を受け取りました。
Rom_0818_009.jpg
正直、ヤシって田舎の部類の地方都市だろうと
思うのですがキシナウより都会に見えます。

まぁ擦れた空気感も相当感じますが・・・。
アドバイス通りに電車の方が楽だと言うので
電車で移動。
Rom_0818_017.jpg
この辺りの移動なら滅茶苦茶おかしな奴も
減ってるだろうと2等席で移動

8人対面のBOX席でルーマニアンの兄ちゃんが親切で
色々と手伝ってくれました。
Rom_0818_020.jpg
同じキャビンの娘さんアンドラちゃん(だったかな?)
も親切で目的地のスチャバに在住だと言うので
泊まるホテルの住所を見て道案内など
親切なルーマニア人情に触れる。

さすがにブカレストだと警戒して断るけど
北部で身なりも滅茶苦茶悪い訳でなく。
話を聞くと学生の様で
トルコ並の親切さを久々に受けました。
EUにもそんな所あるんだ!

お前はどれだけEUに
偏見持っているんだ?

ツー話ですよね。

まぁ最初のギリシアでヨーロッパの印象
最悪に成っているんですけどね。w

着いたホステルはカサ・サムライオーナーの紹介。
ハイクラスホステルという名前だけど
こじんまりとした宿。
Rom_0820_003.jpg
オーナーのモニカさんは親切で
久々に話す私の出鱈目英語でも
何とか伝わって宿を確保。

近くのレストランで久々にルーマニア料理を食べるが
ブラショフのレストランに比べてかなり落ちる。
まぁあそこのレベルが高すぎた感はあるけどね。
Rom_0818_022.jpg
肉はベーコンみたいな感じで目玉焼き付き。
聞くと目玉焼きが付いてるのがモルドバスタイルだとか。
(このあたりはルーマニア側のモルドバ地方です)

明日はチョルバ・デ・ブルタでも食べてみるか。
モルドバはモツ系無かったものなぁ・・・。

モルドバを思い返しても
涙目にはなってませんよ!



FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/342-83be8865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。