惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■7/16:ルーマニアスタイルか?
宿の延長を申し込むが断られる。
予約で一杯らしい。
しかし、ベットが全部埋まっている訳でなく
いくつかマットのメンテか組み立てないのが存在

紹介された所に行くがソコもイマイチ。
もう一度泊まれないか聞くと最上階のドミなら空いてる

・・・。

なんだよ最初から空いてんじゃネーか!
予約確認ちゃんとしろよ!


ブルガリアのホステルもいい加減だったけど
あっちは予約確認するまで待ってとか
対応ちゃんとしてたぞ!
社会主義の国変って成果が上がって無い国の
原因を見た気がする。

根本的に向上心ねぇだろ?
つーかそういう風土状況に置かれてないだろ?
日本みたいに良くも悪くも閉じた状況では
現状を打破するのは自分で環境を変えて行かんと
変らんがよく考えればここは中世の時代は
オスマンとヨーロッパが取り合って近代にはロシアまで参入の
努力しても奪われる世界。

まぁそんな中で向上心って出難いよね。
強かに立ち回るか奪い去る方に加担するか。

ブカレストの空気の感じはソフィア並みだな。
町並みが多少なんとかしようとして
失敗した感があるけど
街の空気が読めるまでカメラ封印。

だからこの日の写真はこれだけ
ルーマニアの内臓スープ
Rom_0716_002.jpg
チョルバ・デ・ブルタ
おそらくトルコからの内臓系スープの流れ。
ウマー


FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/323-1ce6b170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。