惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■7/15:ルーマニアへ
ブルガリアでゆっくりするかどうするか?
正直のんびりと物価が安い意外あんまりメリットない。
生活費に関してはタイ並みにまで押さえる事が可能。
(ホステルドミトリー生活等条件は変るがコストは同等)
埋没するには条件的に問題はない。

しかし、ブルガリアで偶然ソフィア、ヴェリコ・タルノバと
同じ時期、同じホステルで一緒になったシンジさんが
ルーマニアに行くと言うので特に予定が立ってないから
便乗して一緒に入国した方がいいかな?と思い
Rom_0715_001.jpg
同行してルーマニア行きに変更。

どーもギリシアでの一件で入国から
その国の空気知るまでは一人で居ると狙われる気が。

特にルーマニア、ブカレストはソフィア等と並んでヨーロッパ都市部共通の
スリ等の軽犯罪多発地域として情報が来てるので
一緒に行っておく方が保障として成立するかな?と
お互い一人で行動しているし。

入国した直後は現地の通貨入手や地理の把握など
やるべき行動が多いので一人では注意力散漫傾向になるし。

特にATMでの現地通貨入手時は来た状況下で
周りの空気が読み切れない時にやらざる得ないので
相方が居れば心強い!
しかも先のホステルでATM引き出し時にナイフ強盗被害の話を
聞いているので今回、一人ならブカレスト到着後直に
ブラショフに移動しようかと考慮していた所。

渡りに船とブカレストまで一緒に行動。
午前中一緒にホステルを出てバスターミナルまでタクシーで。

ルートはシンジさんが既に調べていたので
私はほとんどボクちゃん状態。
国境の町ルセまで行って列車かと思えば
国際バスが出ている模様。

列車は正直色々と問題を聞いているので丁度良い。
ミニバスでルセまで2時間で行ってルセからも同じ位
Rom_0715_003.jpg
乗換えで3時間位時間があるので
ルセの街を軽く散歩してついでに食事も。
ここでブルガリアの通貨RBを使い切って置かないと
余らせる事になるのでレストランでビール付きで食事を!

Rom_0715_005.jpg
・・・ってやっても二人で800円くらいの会計。
ドンだけ安いんだ!この国は!
しゃーないので最後にコーラとタバコ買って
一応200円切るぐらいの額しか残しませんが。

なんかねーコッチの国ってまだ袖の下とか取るんじゃね?
みたいな?処が気にかかるわけですよ。
元共産圏だしどっちも。

で、時間になって国際バスにのると・・・。

うっそ!乗客4人?うぁめっちゃ赤字路線じゃん!
ブルガリアからルーマニアってそんなに人の行き来ないの?
EUからはみだし食らってる国同士で仲悪い?

Rom_0715_006.jpg
そんな事を考えながら国境付近に近づくと
あれ?PC(パスポートコントロール)が無いぞ?
おい!ブルガリア側に出国印押す所ねーじゃん!
えー?そのままルーマニア入ったけどいいのー!?

と思ったら、ルーマニア側のPCにブルガリアの国旗。
シェンゲンにお互い弾かれているから当て付けで
国境のスタンプ一箇所で押してるのかしら?
スタンプだけはEU加盟国スタンプになってるし。

ルーマニアとブルガリアの比較検討。
おそらくブルガリアの方が上。
公共交通のバスの程度とかがルーマニアの方が途上国レベル。
ラテンでいい加減なのもあるだろうが
Rom_0715_007.jpg
ブルガリアはまだ公共交通のバスで車の内装を私物で
飾り立ててない。

こんなのタイの2等バス以来久々に見た。
助手の奴タバコ車内で吸い始めるし。

風景もイキナリ平地になるんだなぁ。
街に着くと結構活気はあるんのはすごい。
このあたりはソフィアより正直陰気に写らないので
ソコはさすがラテンなのか?
Rom_0715_008.jpg
しかし街の工事のいい加減差はブルガリア以上かも。
Rom_0715_009.jpg
日本の高度な土木技術の街をしばらく見てないが
Rom_0715_010.jpg
半年後帰ったらどう写るんだろうか?
Rom_0715_014.jpg

などと考えながら9カ国目ルーマニア入国しました。

FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/321-dfd86600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。