惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシア:テッサロニキレントルーム
Gre_0703_006.jpg
■ホテル名:テッサロニキレントルーム
 所在地:ギリシア:テッサロニキ
■お値段:
 19€ 
■食事
 朝食付き
■設備
 AC,共同シャワートイレ、冷蔵庫 WiFi(無料)
■泊まった部屋:
ドミトリー

■点数 ★・・・1 ☆・・・0.5
 照明度 :★    暗い読書等必須
 清潔度 :★★★★ 問題なし。
 快適さ :★★★★ 冷蔵庫も部屋にあってナイスちょう

<レビュー>
ドミトリーですがギリシアはこの価格が最低コストのようです。
しかもハイシーズン。
まぁそれだけの額出すだけあって
ドミトリーといえどレベルは高いですけどね
まぁこれで低かったら目も当てられない。w

部屋は清潔で設備も十分。
バックパッカーメインの為か部屋の名前が世界各国の名前
それで何で俺が入った部屋はインドなのか?w

Gre_0704_001.jpg
庭のテラスや朝食のメニューの選択など
滞在者が飽きない様に工夫されているのが
解りました。

Gre_0704_014.jpg
フロント横にはニャンコ常駐。

出る時に泊まった部屋がインドの部屋だったので
インドルピーコインをフロントにあげて見たり。
リピートしてもいいかと思える宿でした。

FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/307-553432d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。