惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■7/2:旅は道連れ
Gre_0702_003.jpg
今日は市内をゆっくり観光。
もう目玉は見たがもう一つのメイン
国立考古学博物館を見てないので今日はソコに
午後は日本の家族とSKYPEで話す予定なので
太陽が落ち着いた時間に行くのが一番かな?
午前中はもう一度アゴラに向かう。
共通チケットが余ってるしな!2枚も!
日没には昨日ツアーから帰って宿で知り合った
日本人のT氏とフィリピン人のレジー氏と一緒に
丘の上の展望教会に行こうと言う話になったので
結構盛りだくさんな感じ。

Gre_0702_004.jpg
と言う訳で午前中はアゴラに寄る。
2回目はゆっくりと内部の博物館を見て周ると
Gre_0702_005.jpg
噴水の横ででニャンコ発見。
Gre_0702_006.jpg
眠り猫みたいにうずくまって寝てる?
堪能する間も短く
午後の家族とのSKYPEの時間が近づいたので
ホステルに戻る、途中屋台でサワーチェリー購入。
Gre_0702_010.jpg
こっちはこのチェリーがメジャーのようで
酸味があって食べやすい1kgで2ユーロ。

このホステル部屋も綺麗で良いのだが
Wifiの環境が宜しくない。
上の階に行くと電波が届いてないので
必然と電波が届く共用スペースに皆集まる。
結構ソファとか椅子の競争率が激しいので
ロビーの床に座ってPCを開く。
食堂兼BARが開いてればそっちで場所があるのだが
昼間は休憩でCLOSE。

SKYPEで日本の近況とか聞くが大体ネットで解っているし
テレビ電話で地球の反対側と話せる。
便利な時代だな、オイ。

主に母親にボケ対策でPC操作覚えてくれればと
サブノートを置いて行った訳ですが
まぁあんまり効果がなかった模様です。

Gre_0702_012.jpg
そんな感じで話を終えて今日のメインの博物館へ
日が落ち掛けた午後4時に向かったのですが
なんか人影すくねーなぁ?
不人気なトコなのかしら?
と、思えば正門がなんか閉まってる。
なんで?

今日は休館日じゃねーぜ?
答えは正門横の開館時間にありました。

Gre_0702_013.jpg
・・・。
ここもこんなやり方か!
本当にココは観光も産業の一つにしてる国なのか?
この日の長さの期間で午後4時に閉めるか?
ありえん!

私の他にも考古学博物館に来てこの状態に
Gre_0702_014.jpg
肩を落として帰る人が何人か居ました。
もうちょっと考えてくださいギリシアさん。

Gre_0702_017.jpg
気を取り直して日暮れ時にT氏とレジー氏と
リカビトス丘の上へ(多分ソコだったはず)

Gre_0702_018.jpg
アクロポリス、ピレウス海と見渡せる場所
Gre_0702_029.jpg
地元の人も結構来るようで高台の上の教会は
人が結構いました。
Gre_0702_036.jpg
夜8時を過ぎたあたりで国の兵士らしき人が
掲げていた国旗を下げて回収したりと
Gre_0702_035.jpg
のんびり風に吹かれて盛りだくさんな一日は終了。

宿に戻って隣のギロピタ屋(ケバブ屋)で3人で食事。
Gre_0702_040.jpg
どうやらレジー氏は私と次の目的地が一緒で
宿も同じ所に泊まる模様。

確保した列車の時間が違うので向こうであったら
よろしくと。w

明日は北部の街テッサロキニへ移動です。


FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/305-4772810e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。