惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■トラブル:盗難証明書
海外旅行でまぁ無いに越した事が良いトラブル。
けどまぁコレがあるのですよ。
そんな時に入ってて良かった旅行保険。

って事になるのですがコレがちょっとめんどくさい。
怪我、入院の時もそうですが盗難等の際にも
病院、警察等での書類が必要になってくる。
コレが結構な手間で短期の旅行とかなら
実際致命的に時間をとられてしまうのですよ。

言葉が通じで意思疎通が楽な日本でも半日ぐらいは
余裕で掛かるモノが、海外で言葉も不自由で
意思疎通にも問題がある場合なら尚更です。

旅行期間が短期の人の場合、旅行を優先して
書類等の手続きを放棄して被害の保証を
諦めるケースもあるとか。

私の失敗談ではナンデスガ
医療、盗難と両方あった人間として
体験談からのTIPをいくつか。

医療に関しては日本人専門のカウンターなどがある大病院
とかでしか使った事が無いので緊急時は
正直知りませんが

殆ど何もしなくても良かった。

経験があったのはタイの外国人向けの病院で
自力でカウンターまで行けたら後は日本の病院と同じ。

問題は緊急時(事故、事件)での外傷や入院時の場合
これは体験無いので正直判りませんが
保険のカードのコピーを持ち歩いて居た方が
運ばれた際に対応が変るかもしれません。
(海外では医療は商売意識が強い、金の無い奴はパス)
という風潮が強い国もあると聞いているので。
支払い能力があると判れば適切な医療を受けれるかと

私は持ち歩いて利用頻度が高いメモ帳に
パスポートと保険カードのコピーを貼り付けて持ち歩いてます。

盗難に関してはもうこれは起こった後の事例を
警察に説明して盗難証明書を貰う。

コレに付きます。

殆どの場合モノは戻ってこないので
保障適用する場合には現地警察の盗難証明書。
コレが一番時間掛かるのですが・・・。

英語が堪能な人なら問題は無いのですが
正直そんなに堪能じゃ有りません。

そんでもってキューバで体感した事ですが
現地の言葉話せないと相当適当にあしらわれます。
と、言っても相手にしないと問題があるのは自明の理

しかしコミニケーションが上手く行かない!

そんな場合は文明の利器に頼って情報を
まとめて渡せば物事がスムーズに行きます。
書類を作るうえで必要な情報を紙にまとめて
文章は翻訳ソフトで翻訳。

Gre_0630_010.jpg
欲しい情報は時間、場所、被害、その時の状況
そういった情報をまとめて置けば向こうも
書類仕事なので質問も最小限で終わります。

多少文法的におかしい場合はシンプルな表現の短文で
段階的に説明してイラストまでつければOK!
こんなトラブルTIPSばかり貯まっても泣ける気がするが
まぁソコは前向きに考える所で。

実際この紙を作って時間帯は午前中のまだ一日のトラブルが届いてない時に持っていけば40分で
盗難証明書を出して貰えました。

あまり頼る機会が在って欲しくないTIPSですが
知っていると居ないとじゃ


FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/296-aede7d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。