惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バス使うの問題しかでない。w
やっとネット環境有りホテルに着きました。
昨日はGH(ゲストハウス)民家改造なんで静かに一日ボーっとしてました。
やっと遺跡のひとつ見れたんですけどね。
見損ねた方がタイでは結構大きいのですが
もうアンコールワット見るからクメールはいいよ!フン!

と、悔しいので強がってみました。
DSC_0007_02.jpg

見に行ったのはピマーイ遺跡公園という復元された遺跡公園で
アンコールワットの試作じゃないかといわれている建物です
公園も宿もこじんまりとしてよかったデスヨ。

で、今日なんですが朝からバスでコンケーンという都市に移動。
初っ端から伝えたこと無視されて一時間バスに乗って先日の街コラートまで戻される。
・・・予想してたけどよ。

もういいや、乗り換えてコンケーン行きに。
今度こそ車掌のおねーちゃんに伝えて着いたら教えて貰う様にする。

期待を破らずおねーちゃん忘れていてくれました。
もうウドン・ターニーまで行くかなぁと思っていたら
イランところで親切なタイ人です。
道路の真ん中で止めて僕を降ろしてくれました。

・・・お前この道路のど真ん中でどうしろと?
タクシーかソンテウ(乗り合いバス)でいけるって。
言葉が不自由な外国人を残してバスは立ち去りました。

タイ人って優しいね!

DSC_0045_02.jpg

反対側に渡ってソンテウ止めて何とか市内まで帰ったけど。
今度はタクシーでぼられ掛けて途中で降りて迷子になるわ。

東北部は鬼門か!
今のところコンケーンで一泊するけど
一番タイで印象悪い都市だわ。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/29-f8a260ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。