惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光名所:パムッカレ村
■観光名所:パムッカレ村

入場料:石灰灘20TL 遺跡プール25TL

tuk_0617_007.jpg
世界遺産になっている遺跡と石灰灘がある
のんびりとした村ですが
少々、問題が一つ。

この村にタチの悪い客引きとホテルがあると言う事を。
ネットで検索すると色々と出るのですが
現地でも色々とある模様です。
つーかありました。

そのホテルは「ムスタファホテル」と言うホテルで
ここのホテルとスタッフは色々問題がある模様。
古いネットの情報とかでは褒めているのもありましたが
最近の物や現地で見聞きした物は
まータチが悪い。
客の荷物から金抜き取るは
女性の客は酔わせてなし崩し的に
ヤッっちゃて貢がせるとか身の危険が及ぶ様です。
ガイドブックでも具体的に書いてないが
傷害事件等も起こしたのはこのホテルのスタッフの模様。
ここまで話が広がっているのに
なんで取り締まらないのか不思議です?
トルコって観光局って言う処があって
こういった業者取り締まってるんじゃなかったけ?

私が居た時にもブラジル人の女性が
まんまの手口でやられちゃった模様です。

いやー村の権力者とかと血縁なんでしょうかね?

まぁ旅行者の対応策としては

tuk_0619_012.jpg
村に着いた所にある「METRO」の所でタムロってる奴は
相手にしない。


この旅行代理店も仲間だそうです。
METRO自体は大手のバス会社ですが
この代理店が駄目な模様。

まぁ客引きに着いていかないってのは鉄則ですが。

tuk_0618_002.jpg
パムッカレはのんびりしていい所ですが
こういったアホがいるので特に女性の方は
御気をつけを~

FC2 Blog Ranking



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/278-6e334e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。