惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■6/10:カッパドキア・ツアー
昨日の迷子に懲りて今日はツアーに申し込みました。
宿で知り合った大学生のS君と一緒に回る。
Tuk_0610_004.jpg
カッパドキアのギョレメではツアーを行っている会社が
幾つかあり基本コースは一緒なんですが集中と混雑を
避ける為に分散して行っている模様です。

その一つで参加したのですがまぁ。
感想は・・・。
Tuk_0610_009.jpg
この村のツアーは最初に参加した方が良い。
Tuk_0610_012.jpg
S君がポロっと言ってまったく同意見。

理由は最初見た時にこの風景は感動するけど
2日いたら飽きるつーか慣れる。
Tuk_0610_023.jpg
初日に行動して行った処に再びツアーで
訪れる場合もあるので初日に行って
残りの滞在で見たいところ周る方がいいかも。

Tuk_0610_024.jpg
まぁ交通費、食費、入場料、ガイドと全部ひっくるめて
70TLなんで安いと言えば安いか。
Tuk_0610_038.jpg
地下宮殿はツアーで訪れる人間の波と
構造の把握が個人で行くと難しいので
ツアー推奨

Tuk_0610_056.jpg
他も離れている所を見て周るので
村全体で毎日やっているツアーに参加して
周るのが一番良いと思います。

Tuk_0610_001.jpg
終わってこの村で知り合ったTさんと
郷土料理のラムの脛煮込みを食いに言って
一日終了


FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/262-576fd67b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。