惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■6/8:トルコ観光のメイン!
体調は回復!さあ!トルコ観光といえば
奇岩の集う景勝地!
カッパドキア
でごさいます!

Tuk_0608_001.jpg
高速道路をひた走り。
もう外の風景で特に感慨を感じない自分が
擦れちゃったなぁ
と思ってみたりしていると
ネシュビルとかいう街のオトガルに到着。
ここからカッパドキアへはミニバスで行くそうな。
生憎ネシュビルでは雨という天候で大丈夫か?
と思って居ましたが
どうもこの時期は季節の変わり目の様で
午後に夕立の様な雨が滞在中付き物でした。

地元の人曰く珍しいらしいデスカ・・・。

Tuk_0608_005.jpg
ミニバスで30分ぐらいでギョレメ村到着。
移動中に雨も上がり青空が見えて
山になるのか天候lが変りやすいのか?
晴れたからまぁ良しですが。
Tuk_0608_006.jpg
カッパドキアの観光はこのギョレメ中心がメジャーらしい。
というかこの村がいわゆるカッパドキアの中心にある
観光拠点というか中心。
Tuk_0608_008.jpg
周りの風景が既に奇岩の民宿とか刳り貫いた住居など
そのご当地な訳ですよ!

宿は朝食がナイスだとサフランボルの2人に聞いた
アナトリアペンションのドミトリー
Tuk_0608_011.jpg
聞いた値段より5TL上がっていた。
ハイシーズン価格なんだろうなぁ

朝から移動で付いた頃にには夕方であり
Tuk_0608_017.jpg
近くの丘とか上がって周りの風景を堪能。
うん
Tuk_0608_026.jpg
コリャ他には無い風景だわ。
明日はトレッキングコースでも行って見るか。

Tuk_0608_036.jpg
今日の〆は壷焼きケバブとトルコワインで
Tuk_0608_035.jpg
カッパドキアの夜景を見ながら至福の時を。

FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/258-bfe64127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。