惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■5/31:世界じゃぁ・・・2番目だ!
さて、今日はこの街の名跡を見周る。
正直、もうモスクは見飽きたので
4本足のミナーレ(塔)が在ると言う奴を見に行く。

・・・。
Tuk_0531_001.jpg
左の塔の事です

なんの事はない土台の四隅が円柱の柱で
持ち上げられているだけの物。
うん、思ったよりショボイ!

見に来たほうが正直困ったよ!

この街はモスクが時代ごとに建てられていてソレが
結構売りになっていますがもういいや。
モスク飽きたし。

Tuk_0531_002.jpg
もう一つの名跡、この街を取り囲む城壁へ。
この街の旧市街は全長5.5Kmの城壁で囲まれており
城壁の規模としては世界で2番目だと言う

※一番は万里の長城ですが2位との桁違いすぎ!

Tuk_0531_005.jpg
天気も良く・・・。
つーか体力削り取られるような日差しです。
城壁の向こうにはチグリス川があるらしいですが
距離ありすぎてわかりゃしねー。

Tuk_0531_008.jpg
城壁上に喫茶スペースありますが
この炎天下で城壁でチャイ飲む奴居るのかよ!

Tuk_0531_012.jpg
この城壁上を歩いて移動できるのですが
Tuk_0531_015.jpg
やり始めて10分で後悔しました。
これ昔の兵士とかよくやってたなぁ大変だよコレ。

城壁の外側にはバラックのような建物も混じる建物
恐らく貧民街らしきエリアが
Tuk_0531_020.jpg
こういった城壁は富も分ける役割をしているのか
外側に隣接するのは貧困層になる。
そういった層から非常時の障壁扱いなのは
今も変らずか内側は今では整備された公園で
Tuk_0531_009.jpg
緑とくつろぐ中間層の方々
城壁の隔てる風景は様相が変わっても
本質は変らずか?

さすがに半日以上歩き続けると疲れ果てて
このあと昼寝から爆睡コースになりました。
体力なさすぎ。w

FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/247-6b243523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。