惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■5/28:ヴァンに移動
Tuk_0528_001.jpg
今日からクルド人エリアの移動になります。
やっぱ政府としっくり来てないのか
街の整備や保持の状況が今までの都市に比べて
行き届いてません。
イランとの国境の町からトルコ最大の湖の街ヴァンへ

Tuk_0528_002.jpg
交通もメインで無いのでローカルバスになりました。
といっても結構しっかりしたバス。
東南アジアやインドに比べればかなり安心できます。

旅路は3時間ほどですが次のヴァンも高地なのか
山の中を延々と走る。

Tuk_0528_005.jpg
ちゅーか残雪があるトコって!また高い山越えた?
山を越えてしばらく行くと凄い岩場の大平原に
素人目で見ても溶岩が冷え固まった大地だと
一発で解る位の岩の平原です。
ここは何億年まえからこの風景なんだろか?と思う程。

Tuk_0528_006.jpg
そんな手付かずというか手の付け様が無い大地を
見ながらバスはトルコ最大の湖のほとりの街ヴァン到着。

オトガルから中心地までは歩いて移動できます。
目的の一番の安宿KENTに向かう。

Tuk_0528_010.jpg
うあぁホントに安宿だぁ!
しかもシャワーねぇじゃん!
Wifiもない!最悪だこの宿。

荷物を置いて街に出かけるが
来月中に総選挙でクルド人の街だからか
警官がやけに多い。
バリケードを突き崩す衝突角をつけたバス形の
護送車と大量のサブマシンガンもった警官。

・・・。

威圧しすぎじゃないの?
そんなにデモとか起きてるのココ?
と心配になるぐらい剣呑な警官が出歩いてます。
そんな状況で夜遊びに出かけても開いてる店もなく
Tuk_0528_011.jpg
そのまま飯食ってフテ寝しました。

FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/240-28a0da31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。