惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光名所:イサク・パシャ宮殿
■観光名所:イサク・パシャ宮殿
Tuk_0527_004.jpg

入場料:3TL

Tuk_0527_014.jpg
国境の町トバズヤットで一番近場の観光名所。
17世紀にこの地を治めていたクルド人知事が
施工を始めて完成したのが99年後問と言う
100年掛かった王宮の様です。

Tuk_0527_015.jpg
行ってみると実際には漆喰等は塗られていたので
在ろうがほとんど見る影も無く。
Tuk_0527_017.jpg
こういった建築は復元して全盛期の状態を
Tuk_0527_028.jpg
一部屋でもいいから見てみたいところ。

Tuk_0527_045.jpg
正門付近にあった地下牢への投獄口が
Tuk_0527_046.jpg
ダストシュートの如く落とす造りに
Tuk_0527_042.jpg
時代と刑罰を考えてみたり。

正門横にあるって事は見せしめとか公開で
落として居たんだろうなぁ。
落とされたら足は折れるね多分。

Tuk_0527_051.jpg
宮殿の造りや地下施設の構造など
この時代の建物の知識と興味がある人には
オススメします。



FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/239-97327ed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。