惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■5/27:ドゥ!バヤ!ズット!
改めて書くと
なんか漫画の擬音みたいな名前の街です
特に意味は無いですが

郊外にノアの箱舟伝説の場所があるらしいですが
正直眉唾物でしかもシーズンから外れて
ツアーも出てない模様なので
どうでもいい感じでスルーしました。

この街に来た理由は国境の町を見てみたいって言うのと
99年掛けて建築したクルド人の宮殿を見に
ちょこっと寄りました。
イランのビザ取るとか考えて無いし!

Tuk_0527_006.jpg
標高1300m位らしいのでこの街も
空が高く青い、しかも変り易い!
Tuk_0527_004.jpg
宮殿で見てたらいきなりにわか雷雨で雨宿り。
帰りは歩いて降りていたら乗り合いバスが着たので
乗って帰りました。

Tuk_0527_013.jpg
宮殿は構造とか面白かったがもうちょっと想像力が
活発な時に見たかったなぁ・・・。

この旅行もっと早く思いついていたら・・・。
と思うときが・・・。

あとは街に帰ってひたすら飯くう!
Tuk_0527_073.jpg
Tuk_0527_002.jpg
世界三大料理の肩書きは伊達じゃないわ。
もうちょっと旨味成分補強して欲しいけど。
ひたすら肉とパンを詰め込んで300円ほど。
やっぱ地方は安い!

FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/237-c8584839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。