惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光名所:エルズムス市街
■観光名所:エルズムス市街

エルスムズの郊外には色々と景勝地や史跡もある様。
しかしちょっとシーズンに早かったのか
ツアー等はやっていませんでした。
滝や奇岩、城などはガイドブックには載っていないので
現地のINFOで聞くといいと思います。
それ以外では市街にモスクや史跡があるので
それらを周って飯くってハマムがこの街のオススメです。

チフレ・ミナーレ
Tuk_0525_010.jpg
Tuk_0525_013.jpg
元は神学校だった模様です。
入場料無料

ヤクティエ・メドレセ
Tuk_0524_015.jpg
コッチも神学校、しかし改修工事中で
中は見れませんでした

城砦
Tuk_0525_034.jpg
Tuk_0525_031.jpg
チフレ・ミナーレの向かいに立つ砦跡
時計塔があり登ることが可能。
上からエルズルムの街が一望できます。
入場料:3TL

ウル・ジャーミィー
Tuk_0525_064.jpg
Tuk_0525_065.jpg
おそらくこの街のモスクの中心かと
広間の広さと柱の空間がいい感じです。

ユチュ・キュンベットレル
Tuk_0525_057.jpg
なんの建物か良く解りませんが
庭園として整備されています。

リュステムバシャ・チャルシュス
元は商隊の宿泊施設だった建物を
この地方の民芸品土産市場に改装した物です
Tuk_0525_001.jpg
この地方の特産品オルトゥ石の細工物が一押しの様です
オルトゥ石は説明を読む限りでは石炭の一種の様な
化石樹脂の鉱物の様です。

エルズルム・ハマム
Tuk_0525_076.jpg
街の名前を冠したハマムです
イスタンブールより安く、ケサジ(三助)もいい腕です。
高原の冷水で湯上りの体を引き締めるのが
すごく気持ち良かったです
入浴料:8TL+アカスリ:6TL+マッサージ:10TL
イスタンブールの半額!

高原の街として空が高く澄んでいて
気持ちのイイ街です。

FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/234-e0ef5c41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。