惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■5/25:トルコ風呂
Tuk_0525_004.jpg
トルコ東部最大の町エルズムス。
軍事的重要拠点で近代ではロシアと
争奪合戦でロシア統治の時代もあったらしく
町並みがソレっぽい処もあります。
道路整備状況やイキナリ無機質な箱物建築が
あったりなどはそっちの影響?と
ちょっと偏った見方してみたり。

この街は郊外にも見所があるようですが
ツアーの時期には早かったのかやってない模様です。

チャーターとになると人数居ないと割高です。
おまけにまだ気温は20℃超えない状態。
郊外の見所って山の中なので現在の薄着では
ツライのが目に見えてます。

却下。

太陽が出ている時なら問題ないのでこの街は
Tuk_0525_017.jpg
市内の名跡とモスクを回って移動を。

Tuk_0525_006.jpg
高原地域なので空が高く青い!

・・・。

Tuk_0525_018.jpg
なんだこの振り向けば雷雲な天気は?
Tuk_0525_022.jpgTuk_0525_021.jpg
これ、同じ場所に立って同日同時刻に
振り返った風景取っただけですよ?

天候が変る境目なんかが見えるって。
結構機構的には厳しい地域のようです
冬が厳寒で夏は暑いと良いトコなしみたいに
ガイドブックには書かれていますが

気候はおいて置いてこの町の名物!
Tuk_0525_007.jpg
ジャー・ケバブという羊のケバブが
安くてうまいので食いに走ってました!

トルコ出る時体重どうなってるだろう?俺。

イランが近い為か人の顔立ちや肌の色が
ちょっと変った気がする感じもするし
イスラム教徒の服装の人がイスタンブールより多いような?
地方色が出ている待ちを一日散策してました。

Tuk_0525_073.jpg
で、晩飯でロカンタでメニューの端から全部(少しずつ)もってこい!
をやって後悔して見たり。

食後はハマムに行って
地方の料金の安さと自分の旅の垢の
Tuk_0525_077.jpg
すごさに驚いたり。

トルコで二回目のハマムですが
結構、体を洗うのもまかせっきり。
洗われるのが嫌がる
猫や犬の気持ちがわかります。

ここのハマムは最後に冷水につかって
頭から掛けられて終了。
湯冷めはしないけど高原の夜の水は冷気をはらんで
スゲー冷たい。

Tuk_0525_074.jpg
そんなホコホコ気分で湯上りのチャイを貰い。
外に出れば変り易い山の天気は土砂降りでした。

湯上りなのに!

と泣きながら帰る。
せっかく風呂入ったのにね。

FC2 Blog Ranking



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/233-3b218e4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。