惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光名所:スメラ僧院
■観光名所:スメラ僧院
Tuk_0521_003.jpg

入場料:8TL+ツアーバス:25TL
Tuk_0521_021.jpg
Tuk_0521_008.jpg

トラブソンのメイダン広場の旅行会社で申し込めるツアー
ツアーは一人でも申し込めるので
一人でも聴きに行くのが吉。
ガイドブックには催行6人と書かれているけど
関係ない模様。

片道は一時間ちょっとで僧院に付きますが
結構上に上がるので薄手の上着は用意した方が良い。
日、時期によって他のツアーとかち合ったりするので
当日の混み具合は運の模様。
私の時は学生(ガキ)が多くてゆっくり見れませんでした。
Tuk_0521_041.jpg
見終わったら出るのですが入り口と出口が共通なので
多い時は込み合います。
急な階段でしが手摺等は一切ありません!

帰りは下に降りてバスを待つ様ですが
バスの説明が知らないとピンチか!
つーか俺説明されてねーけどな!w

下の階が閉鎖されていて見れたのは半分くらい?
Tuk_0521_006.jpg
Tuk_0521_020.jpg

断崖絶壁に建てられているドラクエの街が
実際に作ったらこんな感じだろうなぁと
Tuk_0521_017.jpg
おもうような立体交差ありの造り。

フラスコ画は破損が多いですが、残っている部分を
Tuk_0521_025.jpgTuk_0521_027.jpg
Tuk_0521_029.jpgTuk_0521_031.jpg

見ているだけでも結構時間が掛かります。
落書きも多いのが閉口ものですが

見終わると下って下の沢沿いの駐車場でPICKUP待ち
説明が無い時があるので注意!
下には休憩所、レストランが併設されており
チャイ2TL、お土産屋有り。


FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/228-d8c0c5c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。