惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光名所:アヤソフィア博物館
■観光名所:アヤソフィア博物館
Tuk_0510_091.jpg

入場料:20TL 音声ガイド:10TL

ビザンチン時代に作られた大聖堂をその後の施政者
オスマン朝がムスクに改造した両方の聖堂としての
経緯をもつ建物を博物館として公開している施設。
Tuk_0510_042.jpgTuk_0510_062.jpg


博物館と言っても一個の建築物だけなので
中に何かしらの展示物が有るという訳ではありません。
と言っても建物自体は地中海国家最強の国の象徴の
建築の一つなんで世界中から建築素材を持ってきてます。
Tuk_0509_017.jpg

この建築物の横のオベリスクなんて「なんで?」と
思ったら当事の皇帝が戦勝記念に持って帰ったとか。
いまなら完全に「返せ!」コールの嵐ですが
昔の権利とかそういったものが力で押し通せた時代の
なんとかでしょうか.

じっくり見たいなら音声ガイドをつけてみる事をオススメ。
日本語もちゃんとあるので各遺物の説明を自分のペースで
聞けて周れるので下手なガイドより気が楽です。



FC2 Blog Ranking


コメント

うお!なんかシャンデリアとかついて豪奢になってる!
俺が行った時は改修中で足場立ってて半分ぐらい見えなかったよ
これで入場料一緒だと釈然としないな。。。
[2011/06/19 18:21] URL | はっしい #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
あ、マジで。w
それは確かに釈然としないわな。
でもまだフユマーン廟が終わってないのか見れなかった。
回収工事ってあれ耐震補強の工事らしいねぇ。
なんでもアヤソフィアは耐震強度が足りないらしい
歴史的建築物が今のトルコの耐震基準に満たないらしい
まぁソレは仕方ないけどねぇ。
[2011/06/21 06:28] URL | らくがき屋 我楽 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/206-341b2429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。