惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラーナスへのアクセス
INDL_0421_011.jpg
■現地へのアクセス
カジュラホからの夜行の場合
最終駅だったので特に悩まず降りれました。
郊外の駅でなく新市街の駅に到着。
インフォメーションセンターで情報収集はオススメします。
まず、地図と観光名所、リキシャーの相場(35.65)等を
教えてくれるのとバラーナスには観光客も多く
日本人も大量に訪れますのでインフォメーションセンターに来る
旅行者に声を掛けてガードまでのリキシャーをシェアすると
安く行けます。
逆にバラーナスから出る方が手間取るので
帰りの日時やルートが決まっているなら
到着時に取って置くほうが良いかも知れません。
代理店で取るのも可能ですが手数料は間に入る
インド人で変わったり代理店毎違うので面倒なら
到着時に駅窓口で取った方が良いと思います。

※私未確認ですが代理店の中に日本人だけで行くと
 手数料無料の所があるそうです。
 店先に日本語で
「インド人と来ると手数料払う必要があるので
インド人お断り」と 書いている店らしいです。
日本人旅行者でそこでチケット取った人が居ました


INDL_0420_013.jpg
■客引き等
旅行者に小慣れているのか比較的落ち着いて降り
群がるように集まって来ません。
掲示してくる額もインフォメーションの額に多少色を着けた程度
3人乗車で75Rsと妥協しやすい額面。
その分宿の紹介のコミッションがデカイのか
最初のドライバーは薦める宿に行かないとなると
車離れて他のドライバーが同じ値段で運転していく始末。
しかもちょっと離れた適当な所に降ろしやがるし。
観光客慣れして強かな街だと思います。
リキシャーに乗ってドライバーがごねて動かない状況だと
周りに物乞いが寄ってきて囲まれるので
ちょっと恐怖を感じます。
対応策としてはガードの通りで拾わない。
大通りまで出て客待ちしているリキシャーは使わないかな?

外国の観光客と巡礼者、両方の人が流れてくる為か
警官の多さが目立つので撮影の場所に気を使う必要が
あります、外国人は故意でなければ大目に見てくれますが
注意は覚悟しておいた方が良いです。

INDL_0421_003.jpg
■印象
街の綺麗さは期待するな。
路地は誇りっぽい、犬、牛、バイク、人で溢れてる。
空気の悪さもリキシャーの出す排気ガスで気分悪くなります。
沐浴に関しては滞在中チャレンジして
体調崩した人の話しか聞きません。
運が悪かったのか「沐浴して何ともないっす」って人は
出会いませんでした。

ガンガーのガードは川沿いで繋がっているので
ある程度は川沿いに歩いていけます、
客引きも言うほど来なかったので無視や断れば
大きなトラブルにならないと思います。
当然それは明るい時間帯の話で、暗くなってからの火葬場ガードからの帰りは足元が危ないので薄暗いうちに
引き上げる方をオススメします
足場どうこうより寝てる野良犬踏む危険性があります。
あとマリファナの売人が頻繁に声掛けてくるのもこの街でした。
FC2 Blog Ranking


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/174-ce582bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。