惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド:Lake Side Hotel
ホテル名:Lake Side Hotel
INDL_0417_002.jpgINDL_0417_003.jpg

宿泊日:2011/04/17~2泊
所在地:インドカジュラホ

お値段: 300Rs 
食事 なし
設備 トイレ、シャワー、インターネット(フロントでLAN接続)

泊まった部屋:FANダブル

点数 ★・・・1 ☆・・・0.5
マシ度 :★★★★  シーツが白い。
無理度 :★★★☆  水周りが問題。  
お得感 :★★★★★ フロントの代行手数料が良心的。

<レビュー>
メインの西側寺院公園の横の湖の前にあるゲストハウス。
屋上がレストランになっているがサービスレベルはインド時間。w
ホテルのオーナーは丁寧な日本語が使える人で相談できると思う。
無理に話しかけて来なかったのでこちらから相談しないと
干渉しないタイプだと思う。

スタッフはカタコト未満の日本語は使う、こちらのカタコト英語でも
対応はしっかりしてくれるので滞在中は不満は無かった。
むしろコッチがごめんなさいな感じ。(日記参照)

鍵や水周りのガタが来てたり壊れていたりはインドじゃ当たり前だけど
ベットシーツが真っ白で印象がよかったのでそれ以外が惜しかった。
鉄道チケットの代行予約も手数料100Rsと良心的。
公営の伝統ダンスのチケットも規定価格で取ってくれるのでありがたい。

2件隣のレストランが日本食モドキを出しているので周りの環境も楽。
観光の中心施設の隣でバスターミナルから徒歩10分レベル
駅送迎も150Rs、レイトチェックアウトも半額で出来るらしい。
(この件はゴメンナサイ)
FC2 Blog Ranking

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/159-22edc2ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。