惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JANSIリキシャードライバー(嘘つきLevel3)
この国で声を掛けてくるリキシャーほど信用出来ない奴は無い
ハッキリ言って今だに信用出来ない人種です。
かといって滅茶苦茶極悪ってまでは無いのですが
ウザイ連中が多いのが事実。
絡むならタチ悪いを覚悟で自己責任でよろしくです。
旅行者は絶対絡む人種になるので。
INDL_0415_003.jpg

JANSI到着、しかしこの駅の情報、交通の乗換えなのに
駅の中のバスチケットのカウンターや近くのバススタンドの場所が
ガイドブックに一切乗っていない。
降りてすぐにリキシャードライバーっぽい奴が声掛けてくる。
無視して駅の案内所を探すがどうも見つからない。
交通乗り換えの駅なので人が多すぎるというのも
原因の一つかも。
まぁ、インドの鉄道駅はどこも人が一杯ですけどね。

しかし街の様子とかはどうでも良いから
交通乗り換えの要点は記載しようぜ某歩き方!。


しかも何故かそのリキシャーがバスチケットのカウンターまで案内する
あー胡散臭い、しかしそのチケットカウンター駅の中だな
しかもカジュラホ行きかよ違うよ!と引き払い
外に出て行くが胡散臭いリキシャードライバーが付いて来る。
今日はJANSIで一泊して考えようと思っていたので
「しかたねぇ」と思い胡散臭いリキシャーにホテルを聞く。
足代50で行って350の安宿で紹介できるという
調子が良すぎて怪しさ爆発だが行ってみる。

で、

なんでバスチケットカウンターの店員が横に乗ってる!

ホテルの紹介も出来るというがもうかなり胡散臭い。
乗車中タクシーのチャーターならカジュラホまで3500だとか営業を
掛けてくるが

一人でタクシー貸切旅行する
馬鹿いるか!

イライラするが完全無視モードで対応。
ホテルに着く部屋を見て値段を聞くと450。

・・・。

おい、話が違うじぇねーか!

ドライバーに値段が違う事を詰め寄るとドライバーが交渉して
400まで落ちたが、もう切れました。

このヤロー今日一日引っ張り回してやろう。
幸いな事にこのドライバーホテルの値段と自分の運賃を
ボールペンで俺の手に書いているので値段は固定。
INDL_0415_039.jpg

紹介すると言って書いた以上
紹介できるまでこの値段で行ってもらおう
その後紹介してくるが値段が高かったり部屋が
汚かったり、ジャンシーで4件程まわる。

これ以上は出ないなぁと思ったのでココで提案。
「How mach to go to ORUCHA?」
「250」
(相場150だろ、おめー100ボッテ来やがったな・・・。)
「Do you know nice Hotel?」
「YES!」
「All included?」
「YES!」と言って俺の手に値段を書く。

よーしそれじゃオルチャまで言って貰おう。
オルチャまで実際には30分位だろうか
乗ったリクシャーがヘボイのか結構時間が掛かる。
そしてオルチャに着いても宿の値段が400とか。
当然他も周らす。
INDL_0415_040.jpgINDL_0415_043.jpg


3件目でまぁ妥当かなと思える処だったのでOK。
さてココで一悶着、オルチャまでの代金とオルチャ迄
の代金で300だと抜かすドライバー。

そんなモン飲めるか馬鹿、250だ。
オルチャでのホテルの回るのは別だと抜かすが
手に書いた時に「全部込みだ」と確認したろ!
「お前が250と書いたんだぞ!」と反論して突っ込む
数分、やり取りが続く。
ホテルのスタッフ呆れて我関せず感バリバリ。
もう面倒なので「相場は150だと知ってるんだぜ。」
INDL_0415_007.jpgINDL_0415_047.jpg


と抜かすと「ソレは去年の相場だ。」とか苦しい言い訳。
何にせよ「この値段を書いたお前の負けだ!」と
言い放って250を突き出す。
相場+ホテル周り8件でも十分妥当な額なので問題はない。
その証拠に相手は仕方ないという顔をしながらも
笑いながらため息、やり取りの間は俺半笑い
相手はシマッタミスっちまったな表情。
結局、最後は「今回は俺はハッピーだった」と言って
帰りも俺に連絡してくれと名紙置いていきました。

はっははははは
誰がするかボケッ!

お前らリキシャードライバーは脳みそにどんな好都合回路を
仕込んでるんだ、どあほ。

インド人とのやり取りは大分慣れましたが
結構、体力と気力要るなぁ。
メンドクサイ・・・。
FC2 Blog Ranking

コメント

表情も重要ですね。
私もそうですが、半笑いでは良い人と見られて付け込まれますからね。
読ませてもらって、気候、食べ物、人々もめんどくさそうなインドにはやっぱり行きたくなくなりました。
[2011/05/26 07:25] URL | ラーメンウーマンby mixi #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
面白い国なんですが両極端に分かれるのは解ります。
あの厄介さを楽しめる芸人根性みたいな物がないとキツイ国です。
健康管理が大変なのでそこで躊躇する所がありますね。
精神、体両方にタフさが要求されますね。
まぁでも面白いので女性の経験者捕まえて短期で言ってみるのも手ですよ。
[2011/05/26 15:21] URL | らくがき屋 我楽 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/155-a0fbaa89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。