惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光名所:ラール・キラー
 入場料:250Rs
場所 :インド オールドデリー
最寄駅ChandniChowk (地下鉄イエローライン)
 INDL_0410_004.jpgINDL_0410_008.jpg
インドのオールトデリーにあるムガル帝国の夢の跡。
赤い石を切り出されて作った城は圧巻ですが
略奪の後の残滓しか残って無いせいか
伝承や詩で聞く様な天国の様な風景は欠片も見えません。
INDL_0410_009.jpgINDL_0410_011.jpg
宮殿の部分などの大理石建築は綺麗ですが破損と
本来なら水が流れていただろうと思われる
部分が干上がっているので今一つ趣に欠けます。
INDL_0410_014.jpgINDL_0410_013.jpg
修復作業や管理などの問題があるのでしょうが
ちゃんと修復された状態で見てみたいなぁと思う処です
イミテーションで良いから宝石で飾られた皇帝の玉座の
復元状態を見てみたいものです。
INDL_0410_022.jpg  INDL_0410_078.jpg
併設された博物館には帝国の武器などの異物と
門付近の写真館は過去のインド有名遺跡の修復前と
修復後の写真が掲示されていて面白い所でした。
結構広いのでペットボトルは無いと死にかけます。
 
 

FC2 Blog Ranking



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/142-0ed508ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。