惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光名所:コンノートプレイス
 INDL_0407_021.jpg
入場料:無料(中央の公園入り口に荷物検査のゲート有り)
場所 :インド・デリー
最寄駅:RajivChowk(地下鉄イエローライン)
 
コンノートプレイスと言うのはイギリス統治時代に英国人の為の
ショッピングモールとして作られた当時のコジャレスポットで
当時のセレブなバカップルがキャッキャウフフな場所だった様です。
中心には公園が整備されて今は地下鉄の駅出口が有り
今では現代インド人のバカップルがキャッキャウフフです。
数年前には爆破テロがあったりと剣呑なインド社会情勢の
渦中に関わる施設も多いエリアのようです。
 
・・・。
 INDL_0407_020.jpg
中心の公園でキャッキャウフフを見て中央の噴水付近で
町からの風に吹かれて物思いに耽りながら思った事。
 
ここに爆破指示出した奴。
彼女居なかったんだろうなぁ
 
とまぁ非モテ系をテロリスト予備軍の如く扱う様な
不謹慎かつ余計なお世話だな事を考えてみたり。
遠く離れたインドで現代日本の影を考察する
アカデミックな時間を過ごした後、散策を続ける
建物数年前に修復したらしいですが・・・。
INDL_0407_004.jpg
ここも汚ねぇオイ!
瓦礫や廃材は片付けておいた方が良いと思います。
壁に赤い汚物塗ったような汚れは現代アートとしても
理解に苦しむのでコマめに掃除を推奨します。
 
まぁタイもそうだったんですがこの「汚い」と思う感覚って
そのうちに慣れて「普通」になるんですよね。W
 
施設はまだ工事中で完全ではないので微妙ですが
公園は気持ちよかったですよ。

FC2 Blog Ranking



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/136-6d037eeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。