惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光名所:ジャンタル・マンタル(天文台)

 INDL_0407_006.jpg
入場料:100Rs
場所 :インド・デリー
最寄駅:RajivChowk(地下鉄イエローライン)
 INDL_0407_007.jpg
首都デリーのド真ん中にある史跡です。
中世の王様の中に天体マニアが居たようでその人が
インド中に作った天文台の一つの様です。
 INDL_0407_013.jpg
今でこそ周りにオフィスビル立並ぶ真ん中に存在して
現代アートの如くなっている印象ですが、後日別の史跡で
修復前の情景写真を見る機会がありましてみると
平原の中にポツンとこの幾何学建築があるだけと言う
シュールな絵面でした。
コンだけ大掛かりな施設ですが天体望遠鏡の登場で
一気に衰退への道に行ったそうです。
 INDL_0407_018.jpg
今は史跡公園として整備されて、まだ占星術とかでも
使っているとか言いますが?ホント?
町の明かりで星なんざ観測できんの?
ましてやこのスモッグ激しいデリーで?
眉ツバー・・・。
 
園内はインド人のご家族連れやグループ、バカップルなど
バラエティ豊かな構成ですが・・・。
 
その前に!
 
なんだよこのインド人と外国人の入場料差!
外国人100Rsでインド人5Rsって!
 
20倍差かよ!
外国人に対してあからさまだなオイ!
 INDL_0407_019.jpg
しかもそれほど面白い史跡じゃ無かった・・・。
横のバザールの方が面白かったよ・・・。
 

FC2 Blog Ranking



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/135-bc027299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。