惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド人突発的遭遇(嘘つき度Level1)
地球の○き方のインド編を読んでいると
インド人が「すごい嘘つきで金に汚い連中」だと
思ってしまうぐらいトラブル事例がテンコ盛りです
まぁ実際半分くらい当っているのですが
※↑それに関してはインド独特のカーストなど社会的な問題が
関わっているので私ら外国人からは何とも言えないと感じる処もあり
個人的な意見等は後日まとめます
 
ビジター(外国人)はその嘘つきボッタクリに関わる機会が
多いので変な奴に関わるのだけ気をつけたい物です
向こうからイキナリ関わって来る時があります
 
まぁ初日(4/6の安宿探し)からぶつかった訳ですが・・・。
 uso001.jpg
到着のホテルから空けて初日。
流石に翌日からは安宿に移ろうかと思い探す。
長期滞在で一泊900Rs(¥1800)は辛いわ。
幾つか安宿を周ってみてSAYA GUEST HOUSEと言う
一晩500Rsの所に決める。
インドはパスポートとVISA番号を記載する必要があり
その時は宿に置いていたので宿泊費を払い
領収書を貰って荷物を取りに戻る。
荷物を背負い新しい宿まで200mほどの距離を
歩いていくだけでもリキシャーの声が掛かってくる
 
無視して歩き宿に来てチェックイン。
 
その時、入り口にリキシャー運転手らしき男が
入り口からフロントに俺を指差して何か現地語で
喋っている。
 
意味不明?な感じで見ていると
フロントの男がリキシャー男に向かって先ほど出した
領収書を前にだして男に捲し立てる
 
やり取りを見て想像するにリキシャー男がフロントに
「俺が連れてきたからコミッション寄こせ」辺りを言って
フロントが領収書を出して「嘘つくな」と
リキシャー男に言って追い返して行ったような感じ。
 
おそらく嘘ついて紹介料を得ようとした
嘘つきインド人第一号を見ました。
 
イキナリ脈絡も無く巻き込まれるな。w
しかもそんなのがフロントに来るってのは
この宿あんまり程度の良い宿じゃねーなぁ
前に物乞いらしき集団タムロしてるし。
 
こんな連中が溢れる国でこれから大丈夫か?俺。


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/134-2ea3911a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。