惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア情報
KL_0401_010.jpg
■体験:市街までのアクセス
エアアジア台湾経由で到着。
クアラルンプール(KL)はエアアジアの本拠地なので
専用のターミナル(LCC-T)が存在しソコに到着。
      LCC専用ターミナルなので他の国際線とは違います。
乗り換え時などは他のターミナルへのシャトルバスを使う様です
市街までの交通手段は空港出口に連絡バス乗り場が有り
KL中心地(セントラル)まで一時間程(810R)で到着します。
ゲート出口にチケットブースがありますがそこで買わなくても
乗り場で複数の会社が運行してあり
その場で支払って乗り込むのでOKです。
(セントラルから空港へ戻る時も同様)
 ※エアアジアのオンライン購入の際にオプションで
連絡
SKYBUSを購入すると
  1R割引で購入できます。
LCC-Tからバス乗り場まで客引き等は居ない上
バスのスタッフもボッた事は言ってこないので
空港から安心して公共機関で移動できました。
 
セントラルからは地下鉄等公共機関が出ており
安くて切符の買い方も日本の自販機とそう変らないので
市内移動は公共機関主要利用で問題は無かったです。
 
■物価
マレーシアの印象としては交通費はバカ安ですが
食費、滞在費はタイより少し割高
酒、煙草に関しては日本並みです。
 KL_0402_011.jpg
■市内での移動、客引き等の状況
街中も客引きは飲食店、マッサージは多いですが
怪しげな交通機関の客引きはあまり当りませんでした。
タクシーはボッた値段を言って来る時があるので要交渉
相場が分からないとツライかも知れません。
バスと電車で結構移動できます。
電車はタイでモノレールと地下鉄に乗れるなら問題ないです。
この両国の切符自販機似てます。
バスは運転手や係員に聞けば行き先、停車教えてくれます。
(地名をちゃんと言えてメモ書きがあればなおOK
 
■感想
旅行中に不自由はほぼ感じません。
コンビニ、スーパー、日本で手に入るものは手に入ります。
公共交通網や道路の渋滞などに巻き込まれた記憶も無く
タイのバンコクに比べると都市として洗練されています
(その分雑多な熱気はあまり感じませんが)
華僑系、インド系、ポリネシア系と人種も宗教も多様で
混成民族国家としての色が町並みからも感じます。
東南アジアの大都市として完成された形なのかな?
と思えるぐらいですが・・・。
ゴミの処理や土木工事の技術、施設維持はタイとどっこい。
歩道や公園の陥没とか少なければ良かったのに。
 
■注意点
以外にマッサージ、酒が高いので両方をタイ並みに利用すると
結構滞在費が掛かってしまいます。
街中の表記でアルファベット表記がありますが
英語かと思ったらと現地語の音読英字表記だったりして
混在しているので注意が必要です、バスチケット等でも
似たような表記があるので混乱します。
KL_0404_035.jpg  KL_0401_014.jpg
     オススメ
華僑の影響が多いので中華料理が美味かった。
物は安いですが耐久性は値段に比例するので
値段なりの耐久力だと考えてください。
サンダル(¥150)は一ヶ月、ジャージ(¥300)は
一週間でガタが来ました。
タイと同じく蚊取り線香は強力です。
インド系のDVDとかはインドよりマレーシアの方が
輸出用にセレクトされて英語表記されたパッケージに
入って分かりやすく種類も豊富なのでお土産(¥250位)
に買って帰るのはマレーシアの方が良いかもしれません。


コメント
マレーシアいいですね
今までタイへの旅が多かったけど、マレーシア(クアラルンプール)のほうが過ごしやすく、異国文化を味わえそうですね。
もし旅の機会があったら、今までは通りすごしていたマレーシアに滞在したくなりました。
[2011/05/12 20:29] URL | ラーメンウーマンby mixi #- [ 編集 ]

Re: マレーシアいいですね
結構良かったですが酒とマッサージが好きならタイに軍配上がります。
中華料理は断然コッチになりますが
タイよりは洗練されている感がある公共交通機関の移動はストレスは感じません。
高速バスに関しては日本より上です。
あと宵っ張りな人は滞在エリアを選ばないと店じまい早いです。
[2011/05/13 02:03] URL | らくがき屋 我楽 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/128-04fb0ec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。