惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉骨茶
バクテー!喰ったどぉぉぉぉー!

IMGP0007.png

はい、イキナリ何の事か判らないと思います。
答えから言うとマレーシアの郷土料理の名前
肉骨茶(バクテー)と言うおそらく華僑系の中華料理で
豚の骨付き肉を薬膳スープ風に仕上げる屋台料理で
私の中では喰いたい外国料理として結構上位料理でした。
IMGP0005.png

物自体は7年程前に友人に貸して貰った本の中に
マレーシア駐在員の方が書いた料理本があって
その中に出て来た料理がこの肉骨茶:バクテー。

その著書中の説明は上記の様な説明と屋台ごとに味が違って
深夜まで酒を飲んだ後に〆の一杯として食べる男性諸氏が多く
人それぞれお気に入りの肉骨茶屋台があるという件を読んで

機会が有ったら喰ってみてぇ!


と思っていた料理でした。
スープの中にはぶった切った豚肉と白菜やキノコなど
出汁は薄めですが中ごろから最後辺りには味になれて
丁度いい感じの満足感がでる味付け。

地元の人の食べ方を見よう見まねで
スープと肉を、蒸したご飯の上で崩して一緒に食べる。
レンゲの上で「お茶漬け」を作るような感じで。
「茶」の文字がついていますがお茶ではなく
スープなんですが店によっては後味が渋い薬湯飲んだような
香りが残って漢字の印象がわかる気がしたりして
自分の想像と一致する点やギャップとかを楽しんで
一人ニコニコにてご飯食べてました。

マレーシアといえばナシゴレンとかありますが
それは日本でも専門店行けばあるのでパス。

インド系の移民も多いのでカレーの食堂もありましたが
全力でパスしました。

なんで?って・・・。
あなた、明日からインドだから毎日カレーになるのに
なんでカレーを今から喰わなイカンのですか!

と、言う訳で、今がマレーシア最後の夜。
まだリンギット(マレーシアの貨幣)が余っているので
今から最後の肉骨茶食いに行ってきます!
今後はどんな味かなぁ~♪

明日はインドへ移動です!
コメント
行ったら・・・。
目当ての店の肉骨茶。
売り切れでした・・・。
仕方ないのでゴーヤと卵のスープ飲んで
帰って来ました。
[2011/04/05 01:27] URL | 我楽 #- [ 編集 ]

美味しそう
韓国料理の参鶏湯の豚版かな
[2011/04/05 11:57] URL | まみ姐 #- [ 編集 ]

日本帰国中・・
バッパック変えたのですか?やっぱり日本には品質が良いモノがそろってますよね。
グルメ以外にも、各国の独特な雑貨関係も見たいなぁ
[2011/04/05 13:27] URL | ラーメンウーマンby mixi #- [ 編集 ]


>まみ姐
そこまで高級ではないわ。
ちょっと体にキイ使いました的な食事。
白米を玄米や五穀米にしたような気分の食事かしら?

>ラーメンウーマンさん
変えました!。
PCで見たらアマゾンのオススメが今回購入した
物に変わっています。
バック、靴、カメラを今回購入したのですが
やっぱり高いものはそれなりに効果があります。
靴とバックは効果大です。

と、言うわけで今インド行きの飛行機待ちです。
今晩にはインド入国できると思います。
でわ
[2011/04/05 15:49] URL | 我楽 #- [ 編集 ]

バクテー
シンガポールで食ったけど旨かったっすよ。
つーか殆ど豚骨スープなんだけどw
[2011/04/26 18:09] URL | 正月 #WCSj23LI [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rakugaki8garaku.blog137.fc2.com/tb.php/106-458b7d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。