惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの列車
インドを旅行する上で絶対使うのが鉄道列車。
実際に使ってみれば予約とかちょっとクセがありますが
カタコト英語でも問題なく予約もとれて使えるので
問題ないのですが、予約の際に取る席の特徴を
掴んでいないと結構困ります。
そのあたりの特徴と予約の際に自分でやるか代理店通すか?
を体験をまとめてみました。

INDL_0415_003.jpg
CC:エアコン座席。

革張りの座席で座り心地も広さも十分。
しかしこの座席車両を接続してない列車では
当然予約が取れないので注意。
3等寝台の座席状態より快適なので
この車両があって6時間以内なら使っても良いかも。

INDL_0420_002.jpg
2A:2等寝台

上下2段のベットでが冗談はエアコンからの距離が近くかなり寒い
明かりも下段の方が影になるので取れるなら下段が良い。
当日空いている席があるなら車掌に言って変更して貰うのも手かも
シーツ、枕、毛布は発車後配布してくれるが1時間後位と見ておいた方が良い。
上着は必須。
空気も乾燥するのでマスクもあると便利。

3A:3等寝台

寝台状態での利用はしていないが寝台は真ん中の段が時間帯によって
折りたたまれている。
下段は席として日照時間は利用して、22:00~6:00は寝台になる模様。
上段は寝台として使えるので寝たい人は早い者勝ち。
席としての状態でもエアコンは寒い。

代理店と自分で予約。
可能なら自分で予約が一番良い。
窓口で申し込むのはそんなに手間でないので
出来るなら自分でした方がいい。
代理は上記で避けた方が良い上段に入る場合があるので
しんどい人は自己でやるのが一番良い。
ただ、予定は未定の旅行をしていて外国人窓口が遠い、
往復交通費と代行手数料と手間とリスクを考えて
どっちを取るか考えると良いと思います。
スポンサーサイト


検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。