惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■4/1: 4月馬鹿再開
エイプリルフールに再開です。
と言っても行動自体は前日からなんですけどね。

で、私この時期の日本、東京の気候忘れてました。

・・・。

でもさー!


もう四月なんだよ!

なんなの!この寒さ!何でこんなに寒いの!
馬鹿じゃないの!なんでよ!

と、逆キレして意味も解らず何かに八つ当たりする幕開けと言う。
馬鹿に最もふさわしい幕開けになりました。
KL_0401_001.jpgKL_0401_002.jpg


昼に東京着、その晩に羽田からマレーシアへ。
今回マレーシアに関してはインドの途中によるついでの観光
程度で考えていたのですが
どうもかなり洗練された観光国らしいと!

知っても調べるかどうかは本人の努力次第ですね。
ええ、そんな時間ありゃしねぇ!
調べられたのは着いて1時間ぐらい人と会う合間の図書館で
地球の歩き方流し読みしてメモ取るぐれーだ!

しかもメモれたの空港から街への交通路と安宿が何処にあるかぐらい。
マレーシア好きの人には申し訳ないが
KL_0401_006.jpg

この国何あるんですか?>今更。
KL_0401_018.jpg

取り敢えず安宿街たる中華街来たんで
飯食ってから考えるかー。
いえーい前途不安だぜー。

※再開したマレーシアから開始して
前回中断したタイ~ラオス~カンボジア~タイは後日UPして行きます。
スポンサーサイト

アレーシアご飯
さて、マレーシアと言えば華僑文化のマレー中華!。
ナシゴレン等のマレー料理がありますが日本でも食えるし!
「中華がうまい」
知人情報もあるので中華中心で食い歩いていました。
そんな物をつらつらと。
 KL_0401_011.jpg     肉まん 1個:3R(¥85)
飯店(定食屋)の店先で一個単位で売っている軽食。
中身は中華街の肉まん味です
カラシと醤油は付いていません。
KL_0401_019.jpg     麻婆豆腐
白ご飯とビールつけて19.5R(¥550)
量的に2.5人前ぐらいで辛さも控えめ、しかし価格の
半分が酒代という時点で閉口。
KL_0402_002.jpg ■福建麺5.5R(¥160)
アレーシアの華僑の人って福建省の方が多いんですかね?
結構この料理見ました。
味は「甘口醤油焼きうどん」です横の缶は現地の缶飲料
炭酸スポーツドリンクです。
KL_0402_013.jpg ■牛肉粉6R(¥169)
専門店がある位メジャー所のようですが、牛の部分は
出汁と肉味噌で、魚肉団子がメインの具の様です
麺はビーフンと小麦粉選べる模様
KL_0404_027.jpg ■生姜牛肉麺9R(¥254)
マレー中華は全般的に塩が控えめなのかインパクトに欠ける
印象が多かった気がします、ええ、正直言うと
印象に残ってないので忘れました
KL_0403_001.jpg ■名前忘れた牛肉麺
餡かけ麺の料理です皿から溢れたカタヤキ麺が一体化して
何処から手を付けて良いか悩む料理でした。
お約束で硬い麺が上顎に突き刺さってくれました。
ええ、それで味忘れたんですけどね
全般的にウマウマでしたけどね。
KL_0404_035.jpg ■名前忘れた油そば的な麺
具沢山な辛めの油そばでした。
中々好みの味でソレはもう名前処か値段も忘れるぐらい
ええ、値段も忘れる位・・・w
 
大体一桁の額だったので「安かった」
ぐらいは覚え居ます
 KL_0402_015.jpg ■鶏飯
モノレール駅最寄の有名な店で食べたのですが
ぶっちゃけカオマンガイ(タイの似た料理)と変わりません。
食い易さはタイの方が何も考えずに食べれます。
タイから流れて来たら微妙な料理です。
ガイドブックに載っているそうですが散々な感想ですね私
 KL_0401_014.jpg KL_0403_040.jpg ■肉骨茶(バクテー)
マレーシアの華僑料理で看板にはHarbPorkSoupと
書かれた薬膳風豚肉スープ、白ご飯と揚げパンに合わせて
食べる様です、店によって価格も味も独自ですが
大体相場は10~15R(¥280~460)位です
味は甘い所や後味に漢方っぽい香りが残ったりとか
色々ですが大体土鍋で熱々で出てきます。
 
 
 

■4/2: KL適当観光。
さて、困った。
なにが困ったと言うと何するか考えてねぇ。
KL_0402_011.jpg
マレーシアは正直チケットの割引キャンペーンの期間調整で5日程
滞在になった「ついで観光」なので特に考えて無い。
取り敢えず「飯はウマイ」と聞いているので
屋台中華中心に食べているが限界がある。

ガイドブックもないし適当に街ぶらついて飯食って
飽きたら帰る感じで過ごして明日、マラッカに移動しよう。
KL_0402_001.jpg
街中で見た金貸しの街頭広告。
どの国もこの手の商売は宣伝手法一緒なんでしょうね。
KL_0402_003.jpg
マクドもお国柄、ハラルをしていますらしき看板が
つーことはココは回教徒メニューとかあるんじゃろか?
生憎この時腹へって無かったのでそのままスルーして
後日入るのを忘れていました。
KL_0402_005.jpg
テキトーに町をぶらついてライトアップされた
建物なんぞを見て中華街にもどると夜市の時間で
KL_0402_006.jpgKL_0402_008.jpg

茶房が閉まってたりしてアハンな状態。
夜市の中の適当な店で飯食って明日に備える事
にしました


■4/3:マラッカへ
やっぱりFANだけではつらい。
そろそろ雨期に入る時期の東南アジアでは
エアコン付でないと湿度が持ってくる不快感は払えない模様
久々のまとわり付く不快な暑さを味わいながら
昼前に準備を整えて今日はマラッカへ。
KL_0403_002.jpg

マラッカ海峡でも見て置くかと思い
昨日調べたブギッ・ジャリルとか言うバスターミナルへ
現在マレーシアで中心的なバスターミナルは工事中で閉鎖
市内のターミナルに振り分けして運行中だそうです。

さて、ココでまた有りましたよ。
もうね、やっぱ英語話せないとつらいのか
それとも説明してもらってないのか判らんですが

取り敢えず一言言いたい!
「マレーシア政府観光局公式ページは正確にかけ!」

観光局公式ページ見たらマラッカ行きは
臨時のブキッ・ジャリルから出発と書いているんで
行ったですよ!
そして有名な大手バス会社で切符買ったですよ!
で、時間30分前に乗り場に行ったらあーた!。

「ここじゃねぇ、違うターミナルに行け」

はぁ!?
ここのターミナルからでてんじゃねーの?
しかもこのチケットの表記、現地語英語表記なのか
良くわからない!
えぇ?ココからタクシーで行け!?
おい、もう残り15分切ってるじゃネーか!
さっきのチケットカウンターに行ってどーゆー事?と言っても
俺の英語力じゃ通じません。

・・・ココから出てないならチケット売らずに
「発車しているターミナルに行って買え」と
言ってくれ・・・。
少なくともタイではそのぐらいの対応は有ったよ?
まぁ12.30RM(400円)ぐらいだから諦めれるけどな!
ソレより時間が惜しいわ!
KL_0403_008.jpg
タクシーで間に合うか解らんが指定のターミナルに向かう
ボラレいるのがわかる25RMと言う額だが時間優先。
10分ほどで聞いたターミナルに着くが間に合いませんでした。
切符買い直し、ディスカウントされて9.30RMでしたが
KL_0403_007.jpg
今日の無駄出費。
33有ればもう一泊安宿に泊まれるぜ~。
泣ける。
KL_0403_014.jpg

その後は2時間掛けてマラッカに無事到着。
移動時間は急ぐが目的地に着いちゃえば
特に急ぐ気も無く路線バス(1RM)で運転手に
降りるトコを確認すると止ると言うので着いたら
知らせてと頼むと「Yes,OK,OK」と気の良い返事。
2~30分程で目的地の近くに着き運転手が教えてくれた
場所で降車。

安宿エリアで宿見つけて潜り込みましたが
何か選択肢を間違った場所に来てしまった感満載
「どうしよう。」(苦笑)を浮かべながら街へ散策へ

数メートル歩いて思う事は・・・。

街中ゴキブリ多いんだよ!
KL_0403_038.jpgKL_0403_039.jpg


カラオケ屋とかなんだよこの日本語表記!
スゥイートガールが待っていても困るんだよ!

と、取り敢えず毒を吐いて夜の街を見て思うのですが、
マラッカは観光地の様ですがペースが
ゆっくりしている印象です。
KL_0403_020.jpgKL_0403_028.jpg
クアラルンプール自体もバンコクに比べて整然としてる印象で
タイと比べると洗練されて感じは受けます。
バスターミナルや公園とかの土木技術的には同等ですが・・・。
KL_0403_035.jpg

陥没や歪みの少ない日本の土木技術って凄いなぁ。
KL_0403_037.jpg

帰りにルートビアの生を出しているFFがあったので
入って飲んでみました。

・・・。

ごめんやっぱコレ無理。w

■4/4:KLへ戻る

 
今日一日マラッカに居て明日朝イチのバスでKLに帰るか
それとも今日戻ってインド行きに備えるか・・・。
 
後者にしました。
 KL_0404_005.jpg
だってココのんびりしすぎて明日間に合うか
自信ないもん!
見所もガイドブック等無いしネット情報取っても
イマイチ琴線触れる物がない。
下調べが足りないのかも知れないが・・・。
 KL_0404_008.jpg
決めたので午前中にマラッカ海峡を見に行ってみる。
7つの海を臨んでみる事にして見ようかと思ってみたが
7つの海ってドレとドコだっけ?
 KL_0404_013.jpg
今回のマレーシアもそうだけどマラッカもちゃんと回ると
のんびり出来てよさそうだなぁ
散策途中に城跡や史跡を見てショッピングモールに行くと
 KL_0404_017.jpg
!!
 
日本の100均!ダイソーがある!
こっちでは5R(\130)SHOPになってる!
どちらにしても品揃えは日本と変わらないので
消耗品の買い逃しや補充に丁度良い!
ここで小物を購入して宿に戻ってチェックアウト。
 
御主人にセントラル行きのバスの乗り場を聞いて出る。
この宿の御主人の感じがよく
またマラッカに来るなら利用してもいいかな。
 KL_0404_022.jpgKL_0404_023.jpg
マラッカセントラルからバスでKLに戻り鉄道に乗って
再び安宿集まる中華街へ。
KL_0404_036.jpg
宿も再び、今度はエアコンルーム(45R)ですが
思ったより湿度が高いのでエアコン無しはツライと実感。
このエリアは食事には困らないのでブラブラと散策。
 KL_0404_029.jpgKL_0404_034.jpg
ヒンドゥ寺院の向かいに関帝廟があったりと
混在している国にふさわしい町並みだなぁ
そんな町並みを見ながら最後に肉骨茶でも・・・。
と、思い散策を続けていたら・・・。
 
ブラブラしすぎて目的の店の肉骨茶が売り切れてました。



検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。