惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■3/3:P国入国、エンカルナシオン滞在
P国とかQ国とかいうと
なんか架空の国の設定みたいだよね!
Prg_0303_001.jpg

そんな感じの頭文字Pの国パラグアイに来ました!
ペルーもPじゃんとか言う突っ込みは無しだ!

いやもうね。
自分一年旅してきてキリスト教圏つーか
曜日感覚忘れ隙だろ!


と、思う今日この頃でした。

夜行でアルゼンチン:コルドバから
移動してきたはいいが・・・。

移動して到着が
土日って忘れていたよ!


この町に立ち寄ったのって
ブラジ゙ルVISA発行が目的なのに
何で領事館が休みの土日に到着してるよ俺。

どうしましょうかね?
どっちにしても滞在して月曜日に
申請するしか無いし。

もう物価安いしダラダラ滞在モードになりました。
一応この街エンカルナシオンは第三都市規模なので
それなり大きな都市・・・。

Prg_0304_003.jpg
なんだこの田舎町。
Prg_0304_001.jpg

まじでコレ第三都市?
しかも近年で商業都市のシダー・デル・エステに抜かれるまで
第二都市だった街のはずですが
Prg_0307_003.jpg
ぶっちゃけ田舎にしかみえません。
まぁこのぐらいの都市の方が好みなんですが。w
と、言えどパラグアイでも53カ国からの移民が
集まる混成都市らしく
イキナリ日本語で話しかけらたり
なかなか面白い都市です。
両替所で始めて見る紙幣を確認しながら
「慣れるまで大変だな~」と考えて
ゆっくり確認していたら

いきなりカウンターの向こうから
「大丈夫ですか?ちゃんとありますか?」
と日本語で話しかけられる。
見るとカウンターのラテンな娘さんが話しかけて来る。
流暢な日本語で。
思わす「日系の方ですか?」と聞くと
「はい、2世です。」との返答。
その後パラグアイでの紙幣感覚の簡単なレクチャーを受けて
礼を言って別れる
宿も日系の人がやってるトコだし
この後ダラダラと結局5泊ぐらい居ました。
なんかねー移動つかれてるよねー

帰国して仕事してー!

こんな気持ちに為るなんて思ってもなかったわ。w

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

■3/3~3/8:エンカルナシオン滞在。
Prg_0304_003.jpg
曜日の感覚忘れていたのもありますが
エンカルの長閑な空気で結局5日程滞在してました。

本来の目的のブラジルビザ申請ですが
噂どおり親日と言われている領事館の対応は早く。
他の領事館では帰りの航空券の証明が求められるのに
ココでは「バスでベネズエラ抜けるつもりだから持ってない」
と言うと「OK-!」(軽っ!)で写真撮影から
Prg_0305_010.jpg
物の3時間で発行。
これ前もってネット登録している人の話では
30分~1時間で取れるそうです。
実際後から来た日本人2人組はそのパターンだったし。

3日目で用件終わって移動できるのですが
なんとなくダラダラ居てしまいました。
Prg_0306_011.jpg
世界遺産で映画「ミッション」の元ネタ/ロケ地?の
トリニダー遺跡行ったり
Prg_0307_005.jpg
内陸国なんで川で泳ぐ河水浴場行っていみたり。
まぁ平日昼間なんで人なんか居ませんが。w
Prg_0305_007.jpg
街中で日本語表記の作業者を見たり。
払い下げのような感じだけど
注文した車のような気もする。

結構物はある感じがするパラグアイ。
しかもそんなに開発が遅れている感じもしない。
色々調べると電力とか国内賄い切れていて
ブラジル、アルゼンチンに電力売ってる国なんですな。
しかも横の両大国とイギリスの横槍無かったら
南米で無借金国家だった模様。
街の街灯もしっかり管理されてないのか
Prg_0307_002.jpg
昼間つきっぱ。w
電気は大切にね!
でないとどっかの国みたいに
管理できない原発作っちゃう未来が来るぞ!

先住民のグラアニー族の文化や言葉も伝承していて
人の感じもなんか日本の田舎みてぇ
物乞いや浮浪者も確かに居るがボリビアの様に
荒んでいる感じがしない。

なんか結構いい感じですわこの街。
ちょっと暑いのがしんどいが。
物も十分にある、基本農業国なんで
工業製品は輸入物に成る為かちょっと高い。
しかし関税が安いので物は結構揃ってます。
食い物とか結構安い
Prg_0305_008.jpg
瓶コーラならその場で飲む事条件ですが
1000Gr(\20)なんだその値段。w
Prg_0305_009.jpg
バーキンもセットで500円切るし。
国内で賄える加工食品なら安い見たいだし
政策で混血推奨、純結婚禁止にした歴史がある為か
96%がメスティーソ(移民+先住民)なんで
美人多いです。
食生活もまだソコまでアメリカナイズされてない為か
スレンダー美女多し!

そういや前のワールドカップでパラグアイのサポーター美女が
話題になってたなぁ
Prg_0304_009.jpg
パラグアイでのマテ茶「テレレ」を
飲んで見たり
Prg_0303_031.jpg
日本食レストランで日本では騒がれている生肉刺しとか
Prg_0306_088.jpg
スキヤキとか寄せ鍋とか食ってみたり。
久々の日本食に舌鼓。
なんか日本レバ刺し禁止とかなったらしいですね。

くだらん事で規制作って実績とか言うつもりなのかね
あの食いっぱぐれ集団の乞食政党は
金に転んだ赤連中社民と
政争に勝てない自民の物乞い議員が
くっ付いて出来た乞食集団に何が出来るのかと?
オマケに権力握ったら売国政党にクラスチェンジ。
正直、この連中が政権取った時に本当に
「日本終わった」と思ったを確信にしないで欲しかった。

支持してないし選挙でも入れなかったし
本当に碌でもない連中だと今でも思っているが
ソレを確信させて欲しくなかったわ。
稚拙な政党が政権とる時期に大きなトラブル起きるのが
この国の伝統なのか?
嫌な伝統だな。
といっても原因製作放置の(自)腐敗政党が担ってる時に
問題起きて解決できたかは疑問だけど。
これ以上書き出すと脱線するのでコレくらいで。

そんな感じでダラダラと微妙な世界遺産の
トリニダ遺跡の帰りに
Prg_0306_072.jpg
近郊のピラポ日本人移民居住区にいって
日本人としての気質を発揮して溶け込んだ方々の
足跡に敬意を表したり。
Prg_0305_014.jpg

それなりにダラダラしてました。


FC2 Blog Ranking


テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

■3/8:イグアス移住地に
エンカルから次の目的地はイグアス移住地に移動。
交通路的にはシウダー・デル・エステ行きのバスで
30Km地点で下車/乗換で41km地点まで行くと言う。
イグアス市からの距離がそのまま地名になっている様で
まぁ解りやすいといえば解りやすい。
Prg_0308_012.jpg
ローカルバスに乗っていくのですが
この国のローカルバス料金って一定でない・・・。
人によって2000~5000位の誤差がある。
Prg_0308_015.jpg
後で聞いた話だとパラグアイには会社の看板だけ貸して
個人営業みたいな形のバスもあり。
込み具合によって運転手の気分とかで
値段が変わるのだとか・・・。

差額の分は運転手とかのポケットに入るので
実際にはボラレる金額が一番低い所を選べ!
つー話ですな。
Prg_0308_014.jpg
車中でテレレを飲みながら。

まぁもう途上国の観光客に対する扱いは
大分なれましたがペルー、ボリビア、パラグアイの3国は
特に顕著にでてるわ。
もうちょっとスマートにボレナイ物かねぇ
それゆえに途上国なんだろうケド・・・。

まぁまだ後の話になりますがイグアスの滝見に行った時の
連中に比べれば遥かに好感のある可愛いボリなので
微笑ましいですが。
おおよそ5時間程でイグアス移住地に到着。
Prg_0308_017.jpg
ここは60年代に移民できた日本人移民の方々の
居住区でコチラで有名な宿泊施設は
「福岡旅館」と「ペンション園田」
今回は場所がわかりやすいペンション園田に
向かい無事到着しました。

目的はココで日本食三昧をする事!
あと太鼓の見学。
Prg_0308_019.jpg
そんな感じで泊まってマズ最初に
ピラポで買ったブラジルそばを茹でて遅い昼飯を。
Prg_0308_020.jpg
南米じゃ日本食手に入りやすいなぁ。


FC2 Blog Ranking


テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

■3/9~3/13:イグアス移住地滞在
Prg_0312_003.jpg
イグアス移住地ですが。

Prg_0312_002.jpg
ここは正直沈没します。
やばいです。
物価が安い上に日本食材が安く手に入る。
納豆、油揚げ、味噌とか
Prg_0310_004.jpg
今の日本より確実に安心して食える食材。
海外でこれらの食材に飢えている時期が長くなれば
そのまま旅の疲れもあってだらっと入ってしまいます。

特に周りに何かある訳でなく
本当に田舎に着てボーっとする感じです。
Prg_0311_019.jpg
まぁこの間にイグアスの滝行ったり
Prg_0310_001.jpg
免税エリア言ってipod買ってみたり。
色々有ったのですが

このイグアスで私が興味持っていたのは
こちらで和太鼓を製作して演奏もしている
イグアス太鼓工房の見学をしたかったですが
太鼓工房は過去の見学者の態度、素行で
現在は行っていないそうですが
私自身が阿波踊りの大太鼓で興味があると言うと
工房の見学は責任者が不在で無理だが
Prg_0312_010.jpg
演奏の練習は見学できると言う事で
見学させて貰いました。

イグアスに滝に関してはえらいトラブル続きで
正直疲れたの一言でした。
まぁそれは後述で。

だらっと滞在が続く日程になって来て
やばいなぁと想いつつ
いよいよ最後の国ブラジルに向かう準備を!
Prg_0313_015.jpg
滞在中お世話になった皆さんありがとー!

FC2 Blog Ranking


テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

■3/11:最悪の街シウダー・デ・エステ
さてだらだら滞在していても仕方ないので
そろそろ観光でもと思い宿で出会った人達と
イグアスの滝に行く事に。

しかし、このパラグアイからイグアスの滝(アルゼンチン側)は
結構行くのがメンドクサイ。
Prg_0311_006.jpg
国境の河

まずアルゼンチン行きのバスでパラグアイの国境を越えるときに
バスが待ってくれないと言う。

その為パラグアイの出国スタンプを押して貰うのが
結構な手間らしい。
先に国境で出国のスタンプ押してターミナルに向かったのですが

正直日帰りはかなり無理があると思いマスタ。
スムーズに言っても時間が足りないし
何より余裕が無いからじっくり見れない。
そんでもって今回はシウダー・デル・エステで
国境~ターミナルで移動の際に
南米で始めて警官がらみのボッタクリに会って
それで更にテンションがた落ち。

最初6ドルでOKだと言って居たタクシーが
降りたら60ドルとか言ってくるし!
6ドルだろといったらイキナリ携帯でポリスとかいって
警官呼び始める
こっちは6ドル渡して去ったら
行き先がバスターミナルで行き止まりだったせいもあって
後で警官連れてタクシーの運転手きて60$よこせという
警官は一切コッチの言い分聞かず払えという
払わないと逮捕するとかいって手錠出してくる始末
もう完全にグルです
ペン園のオスカルさんに電話しても「払うしかないですね」と
解決策ない模様。

大使館に電話するというと40$に下がるし
もう完全に観光客を警察とグルでタカリにきてる。
後で聞いた話ですかこの街ではタクシーの価格が
決まっているそうでちなみに国境から
バスターミナルまでは5~8$が価格だそうです。
それ以外は違法だそうですが
警官が一緒に違法行為助長してますよ!。w
さすが南米!んでもってこの街が
外務省の危険地域に入ってるのは
「こういった」事例が多いからじゃネーよな?
行きでこの事例でもうかなり嫌な空気。
Prg_0311_008.jpg
それでもイグアス見て着ましたが
Prg_0311_025.jpg
時間の都合で「悪魔の喉笛」周れないという
Prg_0311_033.jpg
なにしに行ったの?な感じ。
Prg_0311_036.jpg
で、帰りは帰りでバス会社がボッタクリに来るし
帰り20000に所60000とか言って来る。

しかも止ってくれと言った所を止らず行くし
慌てて運転手に止ってくれと言っても
しばらく走りやがるし。
パラグアイ自体は嫌いでは無いが
この一件でパラグアイ人に対して警戒を持ったのは事実
シウダー・デル・エステに関しては
二度と行きたくない都市になった。
このバスターミナルでの事柄で
Prg_0311_037.jpg
全然イグアス堪能出来なかった気がする

正直最悪の一日。

FC2 Blog Ranking


テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行


検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。