惑ってやる!。
孔子先生・・・四十「不惑」は無理です!。 人生惑いっ放しです!。
プロフィール

らくがき画房 我楽

Author:らくがき画房 我楽
気付けば「不惑」の年齢まで
届いてしまったおっさん一人。
何を思いついたか「不惑」の年に
「惑った」のか世界放浪を実行。
2012年5月に帰国してみたが
惑っているのは変わらず・・・
もう生涯惑いっぱなしです!!。

現在デザイナー
イラストレーターとして
日本で活動中。

Twitter : rakugaki_ya
で適当こいてます

最新記事

カテゴリ

■ 旅行ガイド

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■7/15:ルーマニアへ
ブルガリアでゆっくりするかどうするか?
正直のんびりと物価が安い意外あんまりメリットない。
生活費に関してはタイ並みにまで押さえる事が可能。
(ホステルドミトリー生活等条件は変るがコストは同等)
埋没するには条件的に問題はない。

しかし、ブルガリアで偶然ソフィア、ヴェリコ・タルノバと
同じ時期、同じホステルで一緒になったシンジさんが
ルーマニアに行くと言うので特に予定が立ってないから
便乗して一緒に入国した方がいいかな?と思い
Rom_0715_001.jpg
同行してルーマニア行きに変更。

どーもギリシアでの一件で入国から
その国の空気知るまでは一人で居ると狙われる気が。

特にルーマニア、ブカレストはソフィア等と並んでヨーロッパ都市部共通の
スリ等の軽犯罪多発地域として情報が来てるので
一緒に行っておく方が保障として成立するかな?と
お互い一人で行動しているし。

入国した直後は現地の通貨入手や地理の把握など
やるべき行動が多いので一人では注意力散漫傾向になるし。

特にATMでの現地通貨入手時は来た状況下で
周りの空気が読み切れない時にやらざる得ないので
相方が居れば心強い!
しかも先のホステルでATM引き出し時にナイフ強盗被害の話を
聞いているので今回、一人ならブカレスト到着後直に
ブラショフに移動しようかと考慮していた所。

渡りに船とブカレストまで一緒に行動。
午前中一緒にホステルを出てバスターミナルまでタクシーで。

ルートはシンジさんが既に調べていたので
私はほとんどボクちゃん状態。
国境の町ルセまで行って列車かと思えば
国際バスが出ている模様。

列車は正直色々と問題を聞いているので丁度良い。
ミニバスでルセまで2時間で行ってルセからも同じ位
Rom_0715_003.jpg
乗換えで3時間位時間があるので
ルセの街を軽く散歩してついでに食事も。
ここでブルガリアの通貨RBを使い切って置かないと
余らせる事になるのでレストランでビール付きで食事を!

Rom_0715_005.jpg
・・・ってやっても二人で800円くらいの会計。
ドンだけ安いんだ!この国は!
しゃーないので最後にコーラとタバコ買って
一応200円切るぐらいの額しか残しませんが。

なんかねーコッチの国ってまだ袖の下とか取るんじゃね?
みたいな?処が気にかかるわけですよ。
元共産圏だしどっちも。

で、時間になって国際バスにのると・・・。

うっそ!乗客4人?うぁめっちゃ赤字路線じゃん!
ブルガリアからルーマニアってそんなに人の行き来ないの?
EUからはみだし食らってる国同士で仲悪い?

Rom_0715_006.jpg
そんな事を考えながら国境付近に近づくと
あれ?PC(パスポートコントロール)が無いぞ?
おい!ブルガリア側に出国印押す所ねーじゃん!
えー?そのままルーマニア入ったけどいいのー!?

と思ったら、ルーマニア側のPCにブルガリアの国旗。
シェンゲンにお互い弾かれているから当て付けで
国境のスタンプ一箇所で押してるのかしら?
スタンプだけはEU加盟国スタンプになってるし。

ルーマニアとブルガリアの比較検討。
おそらくブルガリアの方が上。
公共交通のバスの程度とかがルーマニアの方が途上国レベル。
ラテンでいい加減なのもあるだろうが
Rom_0715_007.jpg
ブルガリアはまだ公共交通のバスで車の内装を私物で
飾り立ててない。

こんなのタイの2等バス以来久々に見た。
助手の奴タバコ車内で吸い始めるし。

風景もイキナリ平地になるんだなぁ。
街に着くと結構活気はあるんのはすごい。
このあたりはソフィアより正直陰気に写らないので
ソコはさすがラテンなのか?
Rom_0715_008.jpg
しかし街の工事のいい加減差はブルガリア以上かも。
Rom_0715_009.jpg
日本の高度な土木技術の街をしばらく見てないが
Rom_0715_010.jpg
半年後帰ったらどう写るんだろうか?
Rom_0715_014.jpg

などと考えながら9カ国目ルーマニア入国しました。

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

■徒然に~:シェンゲン条約から想うまま~
Rom_0715_018.jpg
ブルガリアからルーマニアへの移動をした日の晩に
想う事をつらつらと

Blu_0712_053.jpg
ブルガリアのんびりもいいが、
ハンガリー→スロヴァキア→チェコ→オーストリア→イタリア→スペイン→ポルトガル
と寒くなる前に回るエリア結構ある事に気付く。
しかも俺ギリシアで12日使ってるから残りシェンゲン加盟国
滞在可能は78日?
Blu_0712_059.jpg
何処にどれだけ割くか配分が大事。
ホントめんどくさいモン作ってくれたわ。
EU圏以外の観光客が来辛くでしょうがない。

2011年7月現在ではブルガリアとルーマニアは未加盟状態。
今年の3月に入る予定だったらしいが、
移民の流入や犯罪者流入などの問題がクリア出来てない
Rom_0715_012.jpg
と、現在のEUの実質の2大盟主ドイツ、フランスに
反対されて半年後の10月に問題点を克服できたか?
の再チェックが掛かるらしい。

正直、半年でそれが克服できるか?つーと・・・。
自分トコにこれ以上厄介な流民増やしたくない
強国のエゴつー気がしますが・・・。
EU圏以外の観光客にはありがたいので
Rom_0715_013.jpg
いっそのこと入るの止めてEU圏以外の観光客誘致に
走っちゃえばいいのにね。
チャイナマネーとかコリアマネーが流れ込めば国的にも
潤うと思うのですが・・・。

生憎ジャパンマネーは持ってる連中が使い方知らんから
死に金になっているので世界的には無視されて行く
だろうなぁ・・・。
金は「使う」事が前提とした流通システムなんで
「使えない」金って言うのは持ってないのと同等と
思うのが個人的主観なんですよね私。

一定額の貯蓄等、備えに関しては必要だと思うのですが
よくマンガとかで上がる「使い切れない」とか言う
金持ちは持っている「意味」(価値ではないですよ)
が理解できているのだろうか?
まぁ持ってないから意味を理解できない→想像のネタ
としてお話(比喩)に上がるんだと思いますが。

ん?何かずれてきたなまぁこんな話もたまに。


Blu_0712_060.jpg
FC2 Blog Ranking


■7/16:ルーマニアスタイルか?
宿の延長を申し込むが断られる。
予約で一杯らしい。
しかし、ベットが全部埋まっている訳でなく
いくつかマットのメンテか組み立てないのが存在

紹介された所に行くがソコもイマイチ。
もう一度泊まれないか聞くと最上階のドミなら空いてる

・・・。

なんだよ最初から空いてんじゃネーか!
予約確認ちゃんとしろよ!


ブルガリアのホステルもいい加減だったけど
あっちは予約確認するまで待ってとか
対応ちゃんとしてたぞ!
社会主義の国変って成果が上がって無い国の
原因を見た気がする。

根本的に向上心ねぇだろ?
つーかそういう風土状況に置かれてないだろ?
日本みたいに良くも悪くも閉じた状況では
現状を打破するのは自分で環境を変えて行かんと
変らんがよく考えればここは中世の時代は
オスマンとヨーロッパが取り合って近代にはロシアまで参入の
努力しても奪われる世界。

まぁそんな中で向上心って出難いよね。
強かに立ち回るか奪い去る方に加担するか。

ブカレストの空気の感じはソフィア並みだな。
町並みが多少なんとかしようとして
失敗した感があるけど
街の空気が読めるまでカメラ封印。

だからこの日の写真はこれだけ
ルーマニアの内臓スープ
Rom_0716_002.jpg
チョルバ・デ・ブルタ
おそらくトルコからの内臓系スープの流れ。
ウマー


FC2 Blog Ranking


■7/17:観光開始。
Rom_0717_002.jpg
もうね、あまりに移動が多くて
次の国ってどんなのだっけ?と思う前に移動。
下調べが間に合いません。

だから最初に滞在期間が増えてしまう。
これはちょっと物価の高い国に入るときにヤルト
後悔するので今後は調整したい。

まだEUでも物価最安値のルーマニアとかブルガリアだから
リカバーが利くのですが・・・。

本日より観光開始。
ルーマニアといえばドラキュラ。

マニアが存在するこのモチーフを
「にわか」の私が語るには大きいのですが
まぁせっかく来たのだからソレをテーマに観光でも。

Rom_0717_046.jpg
首都、ブカレストではその本人が立てた王宮跡しか
Rom_0717_037.jpg
存在しないのですが
それでもやっぱり世界的に有名な作品のモデルと
Rom_0717_057.jpg
あってはその史跡には胸像の一つはおっ建ちます。
ええ、実際に見る価値は微妙なんですが・・。

と言っても世界屈指の有名作品のモデル縁の地なので
観光客が溢れんばかりに来る為
何も無い場所に色々とイベントめいた物を行おうと
頑張ってますが微妙です。

Rom_0717_054.jpg
最後のこの人形何なんだよ・・・。

Rom_0717_032.jpg
しかも観光名所の周りの道路掘り返して
そのままはネーだろ?
こういう処って外国人の目に触れるんだから
即効仕上げるべきじゃね?

この辺りが共産主義の感覚がまだ抜け気って無い
無神経っプリが匂います。
まぁココだけに限らず。

Rom_0717_061.jpg
街中掘り返しまくりデスケドネ。

何でしょうかね?
ルーマニアは埋蔵金ブームでつか?
チャウエスクの隠し資金でも埋まっているのですか?
日本から糸井重里でも呼べばいいじゃない!

ってぐらい道ボコボコです。
ブルガリアで知り合ったドイツ人がルーマニアでは
落とし穴に気をつけろと言っていたのが解ります。

Rom_0717_033.jpg
マンホールもコレはないわ。
この道ドラキュラの王宮跡とブカレスト最古の教会の前の通り
の状態ってのは対外的にもかなり印象悪い。
観光資源には評判ってのも結構あると思うのですが・・

Rom_0717_034.jpg
まぁ街中にジャンピングシューズ履いて歩くおねーちゃんが
居たのはビックリだけど。
そんなもの何処で手に入れたんだよ・・・。

ドラキュラ観光開始ですが
よく解らない一日でした。

FC2 Blog Ranking


■徒然に~ドラキュラ~
Rom_0717_058.jpg
まぁ実際にはモデルになったヴェラド・ツェペシ。
ドラキュラも親父が持っていた騎士(?)団の肩書き
竜騎士団(DRAGON:竜大公)の息子でDRACURUA(だったかな?)
ドラキュラで本来は竜の意味だったようです。

Rom_0717_048.jpg
キリスト教圏では竜は悪魔の化身なんで
後にハンガリーが悪評を立てるために
行った串刺し刑とゲリラ戦の焼き討ち戦を
押し出してドラキュラ=悪魔だと喧伝して
悪魔の化身の様に仕立て上げた経緯もある様です

本当はルーマニアを守る為に戦った小国の王様なんですが
周りの大国の状況に巻き込まれながら
中央集権制を確立しようとし立ち回り
最後は政争で悪魔の汚名を着せられて結果的に
政争が原因で衰退して戦争で敗れて戦死。
その後ドラキュラの創作でモデルとして使われて
さらにイメージが悪化という
日本の四谷怪談並みの創作被害を受けた人物と
言う処でしょうか?

Rom_0717_040.jpg
敵兵数百人を串刺しにして見せしめたとか
やりすぎ感はありますが現在は国を守る為に
戦った英雄として評価。
古い文献でもルーマニアでは英雄として
評価されていた模様です。

政治的理由で正教からカトリックに変ったりして
その辺りも含めて隣国との関係とかで
悪評を喧伝されたり、改宗が原因で
土着の信用なくしたりとか色々問題抱えた状態で
騒乱の戦国期の王侯としてはかなりやり手だったかと
まぁ最終的に討ち死にみたいな形で非業の死を
遂げているのは小国の王ならではの末路が
もの悲しいですが。

かなり戦上手だった様で今で言うゲリラ戦と
宣伝効果を重く見た人物だった様で
ドラキュラとしてでなく群雄の英雄としてみたら
結構面白い人物かと思ってみたり。

王座に上がるにも敵になるオスマン朝の後ろ盾を得て
戴冠してるし幽閉したハンガリー王家も関係修復して
後ろ盾にしているし群雄としてみると
面白いタイプかも
日本で言ったら松永久秀みたい?


FC2 Blog Ranking



検索フォーム

QRコード

QR

■ amazon検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

惑った人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。